コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モサラベ mozárabe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モサラベ
mozárabe

イスラム統治下の中世スペインで,改宗しないで混住,雑居したキリスト教徒をさすスペイン語。アラビア語ムスターリバ。スペインのイスラム教徒が,コルドバ,セビリア,トレド,その他多くの都市に居住しているキリスト教徒をさして呼んだ (イスラムに改宗したキリスト教徒はレネガド renegadoという) 。これらの都市のモサラベは自治区を営み,教会などを維持していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モサラベ(〈スペイン〉mozárabe)

8~15世紀、イスラム支配下におけるスペインのキリスト教徒。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

モサラベ【mozárabe[スベイン]】

アラビア語のムスターリバ(アラブ化した人々)が転訛したもの。イスラム・スペインにおいて,キリスト教徒でありながら,言語・文化的にはアラブ化したスペイン人を指す。東方イスラム世界のジンミーと同じく被支配者として租税を支払う代りに,信仰の自由は保障され,ムスリム各社会層と調和した。彼らの多くは,コルドバ,セビリャ,トレドなどの大都市に住み,商工業に従事していたが,芸術家,建築家,宮廷文筆家として活躍する者も多かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モサラベ【mozárabe】

イスラム支配時代のスペインにおける、アラブ化したキリスト教徒。西ゴート様式にイスラム的要素を加えた建築や絵画を生み出した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のモサラベの言及

【アンダルス】より

…彼らは,前者とともにアンダルスのイスラムの主要な担い手であり,中には貴族となる者もいた。キリスト教徒としての信仰を保持しつつも,言語・文化・風俗の点でアラブ化した者をモサラベ(アラブ化した人々というアラビア語のスペイン語なまり)という。彼らは都市に住み,芸術家,建築家,文筆家,商人として活躍し,ムスリム社会と非ムスリム社会の交流・融合を促進させた一方で,通商活動に通じて北方のキリスト教諸国にイスラム文化を伝達した。…

【カタルニャ】より

…まずギリシア人植民市であったエンポリオンの遺跡,ローマ時代のタラゴナの水道橋,続いて西ゴート時代のタラサの重要な教会堂群が地中海世界との強い結びつきを示す。イスラム支配は免れたが,馬蹄形アーチ,パルメットを溝彫した柱頭などのイスラムやモサラベの要素が入り込み(サン・ミゲル・デ・クシャ,リポル),かえって新しい活力を生む。例えば図柄を表面に残して地を彫りくぼめ細部を繊細に仕上げる溝彫技法は,11世紀初めのピレネー山麓の大理石工房で継続され,イスラム風の植物文に始まり,人物をアーチ形の枠にはめ込んで表すまでに発展し(サン・ジュニ・デ・フォンテーヌ),ロマネスク彫刻誕生の一局面をなしている(12世紀以降は逆に彫刻の新しい流れは南西フランスから入る)。…

【スペイン美術】より

…こうした外縁文化の特徴は,他文化圏と接している場合はいっそう増幅されるとともに,異種の文化原理と融合し,思わぬ成果を発揮する可能性もある。今日にいたるスペイン絵画の出発点となった中世のモサラベムデーハルの美術などその典型であろう。しかもスペインの場合,異なった文化原理は,ほとんどの場合に支配勢力の交代によってもたらされた。…

※「モサラベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モサラベの関連キーワードアブドゥル・ラフマーン(2世)レオン(スペイン)アンブロジオ聖歌モサラベ聖歌後ウマイヤ朝スペイン美術ベアトゥス本スペイン音楽モサラベ様式コインブラテ・デウムムデハル中世音楽

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android