コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モジリアニ Modigliani, Amedeo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モジリアニ
Modigliani, Amedeo

[生]1884.7.12. リボルノ
[没]1920.1.24. パリ
イタリアに生れ,パリで活躍した画家,彫刻家。エコール・ド・パリの美術家として知られる。ベネチアとフィレンツェで学び,1906年にパリに出て,最初モンマルトル,のちにモンパルナスに定住。初期の作品にはトゥールーズ=ロートレックやピカソの影響がみられるが,やがてセザンヌに向い,10~14年には C.ブランクーシとの交遊もあって彫刻に没頭し,アフリカ芸術にみられるような単純化された形態の作品を発表した。病弱のため彫刻を断念し,再び絵を描きはじめ,キュビスムフォービスムの流行に関係なく独自の作風を確立し,卵形の顔で首の長い,簡潔で強靭な形態の人物像を描いた。 15~17年には多くの肖像画,その後の3年間には主として裸婦と肖像を描いたが,持病の肺結核に麻薬とアルコールの中毒が拍車をかけ夭折した。彼の妻ジャンヌ・エビュテルヌが身重のからだであとを追って窓から投身自殺したことは有名。主要作品は『横臥する裸婦』 (1917,ニューヨーク近代美術館) ,『ジャンヌ・エビュテルヌ像』 (19,グッゲンハイム美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

モジリアニ【Amedeo Modigliani】

1884~1920) イタリアの画家。エコール-ド-パリの一人。細長い首の単純化した形態と重厚な色彩で、哀愁を秘めた情感ある婦人像を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

モジリアニの関連キーワードジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センターバーンズ・ファウンデーションオランジュリー美術館エコール・ド・パリパリ市立近代美術館ライフサイクル仮説ブリヂストン美術館人間・歳月・生活ひろしま美術館東京富士美術館エコールドパリ名古屋市美術館トゥールーズロートレックフィレンツェ消費関数論争モンパルナスイタリア美術アフリカ神話スーティン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android