モデル賃金

人材マネジメント用語集の解説

モデル賃金

企業に就職した人材が、一定の条件下において標準的に昇格昇進をしていった場合の賃金推移をモデル化したもの。
学歴、年齢、職種、勤続年数に応じて算出されるケースが一般的である。
・一定条件によってモデル化された条件に合致する人材がいる場合には「標準者」と呼ばれ、ベンチマークとして活用される場合もある。
・また、各公的機関や民間団体等も広く賃金の調査を行い産業別、企業規別のモデル賃金を算出している。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モデルちんぎん【モデル賃金】

学校卒業直後に企業に入り,平均的・標準的に昇進しつづけた場合の給与(基本給手当,ただし所定労働時間外の労働について支払われる給与を除く)を示すものである。このモデルは学歴・年齢・勤続年数・扶養家族数を指定し(たとえば高等学校卒・男子・27歳・勤続9年・扶養家族1人の者というように),一般的な月収額を企業について調査したものである。モデル賃金に2種ある。(1)は理論モデルと呼ばれ,指定された条件に合う従業員給与を就業規則内規などで平均的に昇進したと仮定して想定賃金をつくるもの,(2)は実在者モデルと呼ばれ,モデルに合致するものがいれば現実の額を,これに合致するものがいないときは近い条件の者の現実の給与から類推した額を示すもの,である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android