モノクローム(読み)ものくろおむ,ものくろーむ

カメラマン写真用語辞典「モノクローム」の解説

モノクローム

 もともとはフランス語で「単色」という意味だが、白黒写真のことを指すようになった。英語ではそのままB&W(ブラック・アンド・ホワイト)である。モノクローム(略してモノクロ)写真は専用のモノクロフィルムを使い、専用の現像処理をする。ただし、 カラーネガフィルム と同じように色素を使うモノクロフィルムもあり、これはカラーネガフィルムと同じ現像処理ができる。また、デジタルでは、カラーで撮影してから色情報を廃棄するとグレースケール、すなわちモノクロになる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「モノクローム」の解説

モノクローム(monochrome)

単一の色彩で描かれた絵画。単色画。単彩画。
画面が白黒の写真・映画・テレビ。モノクロ。⇔カラー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「モノクローム」の解説

モノクローム

〘名〙 (monochrome)
① 単一の色彩絵画を描くこと。また、その絵画。単色画。
※田園の憂鬱(1919)〈佐藤春夫〉「このモノクロオムは〈略〉、殆んど無限な色彩をその単色のなかに含ませて居た」
② 写真・映画・テレビで白黒の画面のもの。白黒。モノクロ。
※初稿・エロ事師たち(1963)〈野坂昭如〉一「モノクローム一本一万二千円の相場に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「モノクローム」の解説

モノクローム
monochrome

美術用語。モノトーンともいう。一色だけ使って表現すること。あるいはそのようにして表現された絵画 (単彩画,単色画法ともいう) 。またこれから転じて,写真や映画ではカラー作品でないものをモノクロと呼ぶ (→ポリクロミー ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android