コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノフォニー monophony

世界大百科事典 第2版の解説

モノフォニー【monophony】

古代ギリシア語のmonos(単一の)とphōnē(音)の合成語で,ポリフォニーホモフォニーヘテロフォニーなどの多声性の音楽に対して,純粋に単旋律の音楽,またはそのような様式を指す。古代ギリシアの音楽,中世の単旋律聖歌(グレゴリオ聖歌など)や世俗歌曲(トルバドゥール,トルベール,ミンネゼンガーの歌),ルネサンスのコラールやマイスタージンガーの音楽,各国の単旋律民謡などがこれに含まれる。またポリフォニーやホモフォニーの音楽のなかでモノフォニー風の部分が効果的に現れることもあり,逆に単旋律の音楽でもポリフォニー的あるいはホモフォニー的構造を示すことができる(J.S.バッハの無伴奏バイオリン曲やチェロ曲など)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

モノフォニー【monophony】

ただ一つの声部からなる音楽。単旋律音楽。単声部音楽。単音楽。 → ポリフォニーホモフォニー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モノフォニー
ものふぉにー
monophony英語
Monophonieドイツ語

音楽においてテクスチュア(音構成原理)を形成する方式の一つで単旋律を主眼とする。現象としては多声であっても、ユニゾンやオクターブ平行を同音とみなす音楽慣習によっていれば、意識としてのモノフォニーとみなされる。この種の重音モノフォニーは、音の垂直面を重視した音構成原理ホモフォニーの一種とみなされることもある。単旋律を表面に打ち出すのが特徴で、歌詞が聞き取りやすく、諸民族の民謡、ヨーロッパ中世の宗教歌曲や世俗歌曲で典型的にみられる。[山口 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のモノフォニーの言及

【ホモフォニー】より

…古代ギリシア語のhomo(同質の)とphone(音)を語源とする。もともとは斉唱(モノフォニーmonophony)の意であったが,やがて多声音楽の成立とともにポリフォニーの対概念としてとらえられるようになった。ポリフォニーが,各声部が独立して水平的な音程の結び付きに重点が置かれた模倣対位法(対位法)の様式に代表されるとすれば,ホモフォニーは垂直的な結び付きに重点を置いている。…

【ホモフォニー】より

…古代ギリシア語のhomo(同質の)とphone(音)を語源とする。もともとは斉唱(モノフォニーmonophony)の意であったが,やがて多声音楽の成立とともにポリフォニーの対概念としてとらえられるようになった。ポリフォニーが,各声部が独立して水平的な音程の結び付きに重点が置かれた模倣対位法(対位法)の様式に代表されるとすれば,ホモフォニーは垂直的な結び付きに重点を置いている。…

【ポリフォニー】より

…古代ギリシア語のpolys(多くの)とphōnē(音,声)を語源とする。音楽は純粋な単旋律であるモノフォニーと,複数の音が同時的に鳴らされる多声的な音楽とに大別される。後者は多声性(あるいは多音性)という概念で総括されるが,これにはポリフォニー,ホモフォニーヘテロフォニーなどが含まれる。…

※「モノフォニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モノフォニーの関連キーワード単声部音楽民族音楽モノディ山口単声

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android