コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルフォ モルフォ 〈ラテン〉Morpho

3件 の用語解説(モルフォの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モルフォ(〈ラテン〉Morpho)

鱗翅(りんし)目モルフォチョウ属の昆虫の総称。大形のチョウで、翅(はね)は幅広く、多くは金属光沢のある青色に輝く。中南米に分布。タイヨウチョウなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

モルフォ

正式社名「株式会社モルフォ」。英文社名「Morpho, Inc.」。情報・通信業。平成16年(2004)設立。本社は東京都千代田区西神田画像処理技術の研究開発ベンチャー携帯電話用に手ぶれ防止の静止画・動画画像処理ソフトなどを開発・提供。NTTドコモと業務資本提携。東京マザーズ上場。証券コード3653。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルフォ
もるふぉ
morpho

昆虫綱鱗翅(りんし)目モルフォチョウ科に属する中・南アメリカ特産のモルフォチョウ類の属名あるいは俗称。この仲間は東洋熱帯から亜熱帯に分布するワモンチョウ科に近縁のもので、タテハチョウ科の範囲を広くとる場合には、ジャノメチョウ科などとともにタテハチョウ科の一亜科とされることもある。大形(ときに中形)のチョウで、雄のはねの表面は金属様藍色に輝くものが多く、東洋熱帯のトリバネチョウ、中・南アメリカのアグリアス(ミイロタテハ)などとともに世界の美チョウとして人気の高いものである。その分布は、北はメキシコから南はアルゼンチンの北部にまで及ぶが、ブラジルがその分布の中心で種類数ももっとも多い。普通その種数は三十種余りを数えるが、学者によりその変異の考え方に違いがあり、種数は学者によりかならずしも一致しない。タイヨウモルフォ、ヘラクレスモルフォ、レテノールモルフォ、キプリスモルフォ、ヘレナモルフォ、シロモルフォ、メネラウスモルフォ、アキレスモルフォなどは同好者によく知られている代表的なものである。幼虫の食草は、タケを食べるエガモルフォのほか、既知のものはすべて双子葉植物で、そのなかでコカ科、ツヅラフジ科、マメ科などが知られている。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルフォの関連キーワードアルファ(製造業)NITTOHアルテコしんわメフォスモロオライフォートインフォテックエトーモブキャスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モルフォの関連情報