モントルー(英語表記)Montreux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モントルー
Montreux

スイス西部,ボー州観光都市レマン湖東端に位置する3つの保養地の町が 1962年に合併して成立。観光保養施設は湖岸に沿い 6kmにわたって伸びている。観光産業のほか木材,金属加工,印刷工業も行われ,チョコレートなども産する。人口2万 60 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モントルー

スイス西部,レマン湖東端にある観光・保養地。銀細工,チョコレート製造などが行われる。1946年以来毎夏モントルー音楽祭が開催される。バイロンの詩《シヨンの囚人》で知られるシヨン城への観光拠点。2万3000人(2006)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モントルー【Montreux】

スイス西部,レマン湖東岸に位置する保養地。人口2万(1990)。1761年ルソーがレマン湖一帯を背景に書いた小説《新エロイーズ》を発表すると注目をひき,気候温暖な景勝とあいまって,とくに1880年代以降には有名な保養地となった。バイロンの詩《シヨンの囚人》で知られるレマン湖畔のシヨンChillon城,レマン湖の眺望をほしいままにするコーCauxの町への観光拠点でもある。【森田 安一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モントルー
もんとるー
Montreux

スイス西部、ボー州にある国際的な観光保養都市。人口2万2170(2001)。レマン湖北東岸にあり、19世紀の前半に夏の保養地として発達した古い歴史をもつ。気候がよく、美しい風景に恵まれ、交通至便であるため各地から人々が集まる。ジャズ・フェスティバルは有名。ホテルのベッド数は5000を超える。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android