モービル[会社](読み)モービル

百科事典マイペディアの解説

モービル[会社]【モービル】

石油メジャーの一つで全米2位,世界4位のモービル・オイル社Mobil Oil Corp.の持株会社。モービル・オイル社は1911年,スタンダード・オイルの分割により発足し北米地区の石油・天然ガスの精製・販売を担当。利益の大半はモービル・オイル社より得ている。その他に石油化学製品を生産・販売するモービル・ケミカル社Mobil Chemicalや日本のモービル石油も子会社である。世界的な規模で石油や天然ガスの探鉱・開発を展開し,精製・販売している。プラスチックなど化学部門にも力を注ぐ。1999年,米国1位のエクソンに買収・合併され,新会社エクソン・モービルは世界首位の石油会社となった。
→関連項目ARAMCO[会社]東燃[株]メジャー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モービル[会社]【Mobil Corp.】

メジャーの一つモービル・オイル社Mobil Oil Corp.の持株会社。ほかにアメリカ国内トップクラスの小売業モンゴメリー・ウォード社Montgomery Ward & Co.,Inc.,板紙生産の大手コンテナー社Container Corp.of Americaを傘下に有する。利益の大半はモービル・オイル社より得ている。本社バージニア州フェアファックス。モービル・オイル社の前身は1882年に設立されたスタンダード・オイル・オブ・ニューヨーク社Standard Oil Co.of New York(略称ソコニー)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモービル[会社]の言及

【ARAMCO】より

…44年に現社名に変更。その後,48年に油田開発とパイプライン敷設の資金を獲得するために,エクソン社とモービル社の出資を認め,資本構成が,ソーカル30%,テキサコ30%,エクソン30%,モービル10%となった。ダンマン,アブカイク,ガワールなどの油田で生産された原油の大半は,ペルシア湾のラス・タヌーラと東地中海のシドン港(シリア)から積み出されている。…

【エクソン[会社]】より

…これがアンチ・トラスト法であるシャーマン法(1890成立)にふれ92年に解体され,その後99年に再結集したものの再び1911年33の企業に分割された。このうち最大のものがジャージー・スタンダードであるが,ニューヨーク・スタンダード(現社名モービル)もそのうちの一つであった。ジャージー・スタンダードは27年純粋持株会社になり,71年〈エクソンEXXON〉(この名前はコンピューターで打ち出した多くの候補の中から,どこの国でも発音が同じで悪い意味にならないものという基準で採用)に社名変更した。…

【スタンダード・オイル[会社]】より

…かつてアメリカ石油市場を支配したスタンダード・オイル・トラストの中核会社で,現在のエクソン社,シェブロン社,モービル・オイル社などの石油企業の前身。 起源は,J.D.ロックフェラーが1862年にオハイオ州クリーブランドで始めた石油精製工場であり,70年に同業数社を糾合してオハイオ・スタンダード社Standard Oil Co.(Ohio)を設立した。…

【メジャー】より

…メジャー(メジャーズともいう)とは国際石油会社international major oil companyないし国際石油資本を指し,かつては,7社あったことから〈セブン・シスターズ〉と呼ばれていた。現在ではエクソン社,モービル社,テキサコ社,シェブロン社(以上アメリカ系資本),ブリティッシュ・ペトロリアム社(イギリス系資本),ロイヤル・ダッチ・シェル社(イギリス,オランダ系資本,ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ)の6社をいう(1997)。1社少なくなっているのは,1984年初頭における激しい買収合戦の結果,メジャーのうちガルフ・オイル社が同じくメジャーのシェブロン社(当時はスタンダード・オイル・オブ・カリフォルニア社)に買収されたためである。…

※「モービル[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android