モーメントマグニチュード(英語表記)moment magnitude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地震の大きさを表すマグニチュードの一種。マグニチュードは地震の震源の規模を表すスケールであるが,従来のマグニチュードの定義は観測される地震波の振幅をもとに経験的につくられた尺度であったため,断層の規模との関係があいまいであった。またマグニチュード7から8をこえるような規模の大きい地震では,地震の規模に見合うだけマグニチュードの値が大きくならず頭打ちになるという問題が指摘されていた。 1960年代に断層のずれと放射される地震波の関係が物理数学的に明らかになった。それによると地中の断層のずれによる変動は,大きさの等しい直交する2対の偶力が震源に働いたときの変動に等しい。地震学者の安芸敬一は,この偶力のモーメントが断層の面積と平均的なずれの量の積に比例することを示し,地震モーメント (Mo) と名づけた。地震モーメントは断層の規模を表すスケールである。地震学者の金森博雄は 1977年に地震モーメントを基準にしたマグニチュードであるモーメントマグニチュード (Mw) を提案した。モーメントマグニチュードは巨大地震にいたるまで断層の面積と断層面でのずれの大きさを反映した物理的スケールである。 2005年現在,これまでに観測された最大のモーメントマグニチュード地震は 1960年のチリ地震 (Mw9.5) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android