コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーメントマグニチュード moment magnitude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーメントマグニチュード
moment magnitude

地震の大きさを表すマグニチュードの一種。マグニチュードは地震の震源の規模を表すスケールであるが,従来のマグニチュードの定義は観測される地震波の振幅をもとに経験的につくられた尺度であったため,断層の規模との関係があいまいであった。またマグニチュード7から8をこえるような規模の大きい地震では,地震の規模に見合うだけマグニチュードの値が大きくならず頭打ちになるという問題が指摘されていた。 1960年代に断層のずれと放射される地震波の関係が物理数学的に明らかになった。それによると地中の断層のずれによる変動は,大きさの等しい直交する2対の偶力が震源に働いたときの変動に等しい。地震学者の安芸敬一は,この偶力のモーメントが断層の面積と平均的なずれの量の積に比例することを示し,地震モーメント (Mo) と名づけた。地震モーメントは断層の規模を表すスケールである。地震学者の金森博雄は 1977年に地震モーメントを基準にしたマグニチュードであるモーメントマグニチュード (Mw) を提案した。モーメントマグニチュードは巨大地震にいたるまで断層の面積と断層面でのずれの大きさを反映した物理的スケールである。 2005年現在,これまでに観測された最大のモーメントマグニチュード地震は 1960年のチリ地震 (Mw9.5) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

モーメント‐マグニチュード(moment magnitude)

地震の破壊エネルギーの大きさを表す尺度。また、その数値。地震を起こした断層運動の強さから算出する。地震計の針の揺れから算出するマグニチュードよりも地震そのものの規模を正確に表す。記号Mw →地震モーメント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

モーメントマグニチュード【moment magnitude】

震源断層の大きさやすべり量などから計算される地震モーメントを用いて表したマグニチュード。Mw と表すことが多い。小さい値では他のマグニチュードとほぼ一致し、大きい値ではより忠実に地震の規模の大きさを代表する。 → 地震モーメント

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーメントマグニチュード
もーめんとまぐにちゅーど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モーメントマグニチュードの関連キーワードイタリア地震(2016)スマトラ島沖地震・津波インド・ラトゥール地震東北地方太平洋沖地震アウターライズ地震クライストチャーチ新潟県中越沖地震スマトラ島沖地震エムダブリュー新潟県中越地震兵庫県南部地震メキシコ地震能登半島地震慶長三陸地震トルコ大地震Wフェーズブージ地震台湾大地震海溝型地震ペルー地震

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モーメントマグニチュードの関連情報