コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸敬一 あきけいいち

2件 の用語解説(安芸敬一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安芸敬一
あきけいいち

[生]1930.3.30. 神奈川
[没]2005.5.17. フランス領レユニオン
地震学者。地震の大きさを定量的に表す地震モーメントの概念を展開。地震モーメントは断層の大きさとすべり量,断層の生じた岩石の強度といった要素を考慮した地震の規模を表す量であり,1966年に安芸により初めて導入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸敬一 あき-けいいち

1930-2005 昭和後期-平成時代の地震学者。
昭和5年3月3日生まれ。41年マサチューセッツ工科大教授,59年南カリフォルニア大教授となる。39年の新潟地震では地震波の解析により震源の物理的規模を推定。地球の内部構造の解明に貢献。アメリカ地震学会会長もつとめた。平成17年5月17日研究をつづけていた仏領レユニオン島で死去。75歳。神奈川県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安芸敬一の関連キーワード山岸純荒川幾男石崎宏矩内山秀夫桂文枝(5代)高月清田沢仁花見忠吉田鎮雄吉野良彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone