コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーリス Maurice, John Frederick Denison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーリス
Maurice, John Frederick Denison

[生]1805.8.29. サフォーク,ノーマンストン
[没]1872.4.1. ケンブリッジ
イギリス国教会の神学者。キリスト教社会主義の提唱者の一人。ケンブリッジ大学に学び,キングズ・カレッジの歴史,文学の教授 (1840~53) ,神学の教授 (46~53) ,ケンブリッジ大学の道徳哲学教授 (66~72) 。大きな神学的寛容を示してキリスト諸教派の抗争に反対,主著『キリストの王国』 The Kingdom of Christ (37) で,キリスト教の諸種の伝統から積極的要素を引出し,それらの統一を試みた。またキリスト教社会主義の運動,婦人教育のためのクイーンズ・カレッジの創立 (48) に協力し,ロンドンの労働者カレッジの初代校長にもなった (54) 。上記以外の主著『道徳哲学および形而上学』 Moral and Metaphysical Philosophy (50~62) ,『神学論集』 Theological Essays (53) ,『犠牲論』 The Doctrine of Sacrifice (54) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モーリス【John Frederick Denison Maurice】

1805‐72
英国国教会の聖職者,神学者。ユニテリアン教会の牧師の子として生まれたが,コールリジの影響を受けて国教会に改宗し,1840年,ロンドンのキングズ・カレッジの英文学,ついで神学教授に就任。ラドローJ.M.F.Ludlow,キングズリーらとともにキリスト教社会主義を提唱し,54年ロンドンに労働者大学を開校した。自由主義的な広教会派を代表し高教会派を批判し,他方永遠の刑罰を否定したため低教会の保守派から非難され,職を追われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーリス
もーりす
John Frederick Denison Maurice
(1805―1872)

イギリス国教会の聖職者、神学者。非国教会員の家庭に生まれたが、長じて国教会に転じ、オックスフォード大学に学ぶ。1840年ロンドンのキングズ・カレッジの英文学、ついで神学の主任教授に就任。社会改革に深い関心をもち、ラドロー、キングズリーらとともにキリスト教社会主義を提唱し、54年ロンドンに労働者大学を開校した。国教会内の自由主義的傾向の強い広(こう)教会派を代表し、永遠の刑罰を否定したため、保守派から非難された。主要著作に『キリストの王国』The Kingdom of Christ(1838)がある。[八代 崇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

モーリス
Maurice


1877 - 1964
機体開発者。
モーリス・ファルマン式の機体の開発者で、第一次大戦初期にフランス空軍に多数採用される。又、日本陸軍も購入生産する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

世界大百科事典内のモーリスの言及

【キリスト教社会主義】より

…ただし名称も概念もはっきりした規定はない。最初イギリスで,広教会に属するモーリスF.D.MauriceとキングズリーC.Kingsleyとが市民社会の個人主義と功利主義に反対して,自由・平等・兄弟愛による〈神の国〉の理想を掲げ,これは聖書・洗礼・聖餐に対応する倫理であると唱えた。その際R.オーエンやサン・シモンの社会主義の影響があったと見られる。…

【キリスト教社会主義】より

…ただし名称も概念もはっきりした規定はない。最初イギリスで,広教会に属するモーリスF.D.MauriceとキングズリーC.Kingsleyとが市民社会の個人主義と功利主義に反対して,自由・平等・兄弟愛による〈神の国〉の理想を掲げ,これは聖書・洗礼・聖餐に対応する倫理であると唱えた。その際R.オーエンやサン・シモンの社会主義の影響があったと見られる。…

※「モーリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モーリスの関連キーワードゲラン(Eugénie de Guérin)ベジャール・バレエ・ローザンヌバルタザールの風変わりな毎日強盗紳士アルセーヌ・ルパンランスタン・ドゥ・ゲランローランス タルデューノー・マンズ・ランドフィッツジェラルド家高雅で感傷的なワルツ真夜中から七時までジョー クリスマスアルセーヌ・ルパンルパン最後の事件ルパン最後の冒険まぼろしの怪盗強盗紳士ルパンマーテルランクルパンの大冒険悪魔の陽の下にルパンの名探偵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モーリスの関連情報