コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤキ Yaqui

翻訳|Yaqui

2件 の用語解説(ヤキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤキ【Yaqui】

おもにメキシコ北西部ソノラ州の自治的町村に分住するウト・アステカ語系の原住民。人口約7000,その90%がスペイン語も併用する(1970)。トウモロコシ,豆,カボチャの栽培を主生業とするが,牛,羊の飼育にも携わり,狩猟,採集もその重要性を失っていない。ヤキはメキシコ原住民中でも特に抵抗精神に富み,1617年イエズス会士が入植するまで,スペイン人征服者に屈しなかった。その後,同会の影響で自治的性格が強まり,スペイン植民地政府やメキシコ政府に対したびたび反乱を企てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤキ
やき
Yaqui

メキシコ北西部、ソノラ州ヤキ川右岸の八集落と、アメリカ合衆国アリゾナ州南部の七集落に居住する民族集団。言語はナワ・クイトラテコ語群ピマ・コラ語族に属する。人口はメキシコ側に約7000人(1970)、アメリカ側に約3000人。
 1523年にスペイン人と接触したのち、1610年に平和条約が結ばれ、イエズス会の伝道組織が建設された。植民地時代は比較的安定し、小麦栽培、牧畜の導入と定住化によって独自の文化が形成された。メキシコ独立後は統合を求める政府との間に争いが絶えず、なかでも19世紀後半から20世紀初頭にかけての一連の反乱では、捕虜のユカタン地方への流刑が行われ、このときアメリカ合衆国へ避難した者が続出した。現在は1939年に承認された約5000平方キロメートル弱の土地で農業が営まれているが、灌漑(かんがい)の不備、塩害などにより生産活動の問題は多い。独自の政治・宗教組織が発達しており、民族の独立意識は強い。なお、アメリカ人の作家、カルロス・カスタネダはヤキの呪術(じゅじゅつ)師への入門体験を発表し、「人類学的理解」をめぐって多くの話題を提供した。[石井 紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤキの関連キーワードティフアナムニョスメキシコ湾メキシコ湾流モンテレーアメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀メキシカンメキシコ・セット

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤキの関連情報