コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤチネズミ(谷地鼠) ヤチネズミred‐backed vole

世界大百科事典 第2版の解説

ヤチネズミ【ヤチネズミ(谷地鼠) red‐backed vole】

齧歯(げつし)目ネズミヤチネズミClethrionomysの総称であるが,別属のニイガタヤチネズミ属Aschizomysのものをも含めることがある。狭義のヤチネズミはハタネズミによく似るが尾が長く,背が赤い。アジアヨーロッパ北アメリカの中・北部に広く分布し,8種以上に分けられている。体長7~11.5cm,尾長2.5~6cm,体重15~40g。体は全体に丸く,ハタネズミに比べ目や耳がやや大きく,成獣になると臼歯(きゆうし)に根ができ成長が止まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone