コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤチネズミ(谷地鼠) ヤチネズミred‐backed vole

世界大百科事典 第2版の解説

ヤチネズミ【ヤチネズミ(谷地鼠) red‐backed vole】

齧歯(げつし)目ネズミ科ヤチネズミ属Clethrionomysの総称であるが,別属のニイガタヤチネズミ属Aschizomysのものをも含めることがある。狭義のヤチネズミはハタネズミによく似るが尾が長く,背が赤い。アジア,ヨーロッパ,北アメリカの中・北部に広く分布し,8種以上に分けられている。体長7~11.5cm,尾長2.5~6cm,体重15~40g。体は全体に丸く,ハタネズミに比べ目や耳がやや大きく,成獣になると臼歯(きゆうし)に根ができ成長が止まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android