カラマツ(英語表記)Larix leptolepis; Japanese larch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマツ
Larix leptolepis; Japanese larch

マツ科の落葉高木。同属のものは北半球にオウシュウカラマツ L. europaea; European larch,アメリカカラマツ L. americana; American larchなど数種が知られているが,本種は日本特産で,本州中部に多い。現在世界各地に栽植される。円錐形の樹冠で,高さ 30mにもなる。樹皮は灰褐色で裂け目がある。葉は先太の軟らかな針状で,長さ 3cmぐらい。長枝と短枝があり,短枝には 20~30の葉が束生する。葉は淡緑色から緑色で,秋に落葉する。雌雄同株。4月に若葉とともに開花し,雌花は美しい紫色で,熟した球果は広卵形2~3cmの大きさになる。種子は長さ3~4mm。倒卵形で 8mmぐらいの翼をもつ。材は水に強く建材,土木材とし,樹皮から染料,樹脂からテレビン油をとる。フジマツとも落葉松ともいう。なお,北海道北東部から千島列島,サハリンにかけては同属の別種グイマツ L. dahuricaが生えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラマツ
からまつ / 唐松
japanese larch
[学]Larix Kaempferi (Lamb.) Carr.
[学]Larix leptolepis (Sieb. et Zucc.) Gord.

マツ科(分子系統に基づく分類:マツ科)の落葉針葉高木。別名フジマツ(富士松)、ラクヨウショウ(落葉松)、ニッコウマツ(日光松)。大きいものは樹高50メートル、直径2.5メートルに達する。日本特産種。樹皮は暗褐色で裂け目ができ、長い鱗片(りんぺん)となってはげ、その跡は赤みを帯びる。長枝と短枝がある。葉は線形で先は鋭くとがり、長さ2~4センチメートル、長枝では互生し、短枝ではキク花状に束生し、鮮緑色をなし、秋には黄または黄褐色に色づく。雌雄同株。雄花、雌花ともに短枝上につき、5月に開花する。雄花は黄色で楕円(だえん)形、雌花は淡紅色で卵形。球果は広卵形または卵状楕円形で長さ2.0~3.5センチメートル、幅1.2~2.5センチメートル、上を向き、10月ごろ黄褐色に熟す。種子は三角形で長い翼がある。水中での耐久性が高く、材は坑木、枕木(まくらぎ)、建築、器具、船、パルプ、とくに丸太での利用が広い。寒冷地、高地で広く植林され、防風・防雪樹として賞用され、庭園樹、生け垣、盆栽などにする。ごく陽樹で、つねに陽光を要求し、日陰では育たない。寒気に耐える力が強く、主として安山岩よりなる寒冷地に自生する。天然分布は宮城県以西の関東、中部地方で、おもに亜高山帯に多く分布する。名は、短枝上に集まった葉の状態が絵に描く唐松風であるからであるという。[林 弥栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラマツの関連情報