コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤツデヒトデ Coscinasterias acutispina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤツデヒトデ
Coscinasterias acutispina

棘皮動物門ヒトデ綱叉棘目ヒトデ科。普通8本,ときに7~10本のをもつ。腕長 6cm内外であるが,腕はやや細くて切れやすく,しかしすぐに再生するので不等長なことが多い。体色はこげ茶色の地に青,白色などの斑点をもつ。背面は小棘でざらざらする。大きくなると体が半分に分れ,それぞれ腕を再生して2個体となる。東北地方南部から奄美大島にかけて分布し,潮間帯下岩礁にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤツデヒトデ

ヒトデ科の棘皮(きょくひ)動物。腕は普通8本あり,細長くて長さ6cm内外。背面は紫褐色で,白や淡青の斑がある。腹面は黄だいだい色。腕は容易に折れるが,再生力が強い。
→関連項目ヒトデ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤツデヒトデ【Coscinasterias acutispina】

ヒトデ綱ヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。本州中部以南から奄美大島,ハワイ諸島に分布する。潮間帯の転石下にふつうに見られる。ヤツデ(八手)の名のように腕はふつう8本であるが,ときに7~10本のものもある。腕の長さは6cm内外。体色はこげ茶色の地に青色や白色の斑点がある。腕の背面の正中線上にとげが一列に並び,その両側には不規則な列がある。肛門は2個,穿孔体は4個あり,盤の中央に浅い溝があって,ある程度成長するとこの溝から体が分裂して4本ずつの腕をもった2個体になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤツデヒトデ
やつでひとで / 八手海星
[学]Coscinasterias actispina

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱ヒトデ科に属する海産動物。磯(いそ)の岩の上や石の下などにみられる、細くて硬い8本腕をもつヒトデ。腕は根元から切れ落ちやすく、また再生しやすいので数や長さが不ぞろいとなり、5本のものから10本のものまである。腕の表面には短い棘(とげ)のような突起が多数あり、ざらざらした感じがする。腕長5~6センチメートルぐらい。黒褐色の地に淡青色の斑(ふ)が不規則に入り混じる。肛門(こうもん)は2個、多孔板(たこうばん)は2~4個ある。管足の先端に吸盤があり、岩の上をはい登ることができる。体内にはオカダシダムシという、内臓のような形に変化した甲殻類の一種が寄生していることが多い。産卵期は夏。体を二分割して増えることもある。本州中部以南、インド洋、西太平洋の浅海域に分布する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤツデヒトデの関連キーワードヒトデ(海星∥人手)海星・人手

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android