ヤブガラシ

百科事典マイペディアの解説

ヤブガラシ

ビンボウカズラとも。ブドウ科のつる性多年草。日本全土,東南アジアの平地にはえる。茎は分枝して長くはい,葉は柄が長く,互生し,5枚の小葉からなる鳥足状複葉巻きひげは葉の反対側に出る。夏,径約5mmの4弁花を開く。花弁は淡緑色で開くとすぐに散り落ち,淡紅色の花盤が現れる。果実は球形で,黒熟。生長力が強く,繁茂するとヤブでも枯らすということでこの名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブガラシ
やぶがらし / 藪枯
[学]Cayratia japonica Gagnep.

ブドウ科のつる性多年草。ビンボウカズラ貧乏蔓)ともいう。長い根茎を伸ばして広がる。茎はよく伸びて分枝し、緑紫色で稜(りょう)がある。若茎には軟毛がある。巻きひげは葉に対生し、普通は二つに分かれる。葉は柄があって互生し、鳥足状の五小葉からなり、頂小葉は狭卵形または長楕円(だえん)形で波状の鋸歯(きょし)があり、ほとんど無毛、裏面に光沢がある。7~8月、有柄で扁平(へんぺい)な集散花序を葉に対生して出し、淡緑色の四弁花を開く。花期後に黄赤色の花盤が目だつ。雄しべは4本で花弁に対生し、花柱は棒状に直立する。果実は球形で黒く熟し、種子は広卵形。北海道南西部から九州、および中国、インドに広く分布する。属としては東アジアに十数種ある。名は、よくはびこって藪(やぶ)を覆い、枯らしてしまうことによる。また貧乏蔓は、手入れの届かない庭によく茂ることに由来する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤブガラシの関連情報