コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマハッカ Rabdosia inflexa (Thunb.) Hara

2件 の用語解説(ヤマハッカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマハッカ【Rabdosia inflexa (Thunb.) Hara】

日当りのよい山の草地や道端に生えるシソ科の多年草イラスト)。地下茎は塊状で木化する。茎は四角形で高さ50~100cm。葉は対生し,卵形で長さ3~6cm,縁には鋸歯があり,基部にはくさび形の翼をもった葉柄がある。花は9~10月,茎の頂と上部の葉腋(ようえき)にまばらな花穂を作って,青紫色の小型の唇形花をつける。萼は鐘形で先は5裂。花冠は2唇形で長さ7~9mm,上唇は4裂して立ち,下唇は舟形で前につき出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマハッカ
やまはっか / 山薄荷
[学]Rabdosia inflexa (Thunb.) Hara

シソ科の多年草。地下に木質化した塊状の地下茎がある。茎は分枝し、断面は四角形。葉は対生し、卵形で有翼の柄がある。秋、枝先に青紫色花をまばらに開く。花冠は筒状をなして先は二唇形となり、長さ7~9ミリメートル、下唇は前に突き出し、上唇は立ち上がって4裂し、濃紫色の斑点(はんてん)がある。日当りのよい丘陵の草地に生える。日本および朝鮮半島、中国に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤマハッカの関連キーワード敦盛草犬香薷雄日芝金瘡小草塔花唐飛廉薙刀香薷山紫蘇菊薊日当り

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone