コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマハッカ Rabdosia inflexa (Thunb.) Hara

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマハッカ【Rabdosia inflexa (Thunb.) Hara】

日当りのよい山の草地や道端に生えるシソ科の多年草(イラスト)。地下茎塊状で木化する。茎は四角形で高さ50~100cm。葉は対生し,卵形で長さ3~6cm,縁には鋸歯があり,基部にはくさび形の翼をもった葉柄がある。花は9~10月,茎の頂と上部の葉腋(ようえき)にまばらな花穂を作って,青紫色の小型の唇形花をつける。萼は鐘形で先は5裂。花冠は2唇形で長さ7~9mm,上唇は4裂して立ち,下唇は舟形で前につき出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマハッカ
やまはっか / 山薄荷
[学]Rabdosia inflexa (Thunb.) Hara

シソ科の多年草。地下に木質化した塊状の地下茎がある。茎は分枝し、断面は四角形。葉は対生し、卵形で有翼の柄がある。秋、枝先に青紫色花をまばらに開く。花冠は筒状をなして先は二唇形となり、長さ7~9ミリメートル、下唇は前に突き出し、上唇は立ち上がって4裂し、濃紫色の斑点(はんてん)がある。日当りのよい丘陵の草地に生える。日本および朝鮮半島、中国に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤマハッカの関連キーワードレモンバーム日当り村田

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android