ヤマユリ(山百合)(読み)ヤマユリ(英語表記)Lilium auratum; goldband lily

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマユリ(山百合)
ヤマユリ
Lilium auratum; goldband lily

ユリ科の多年草。本州中部以北の丘陵地,山地に自生し,特に火山地帯に多い。ときには観賞用に栽培され,また九州や北海道では栽培品から逸出して帰化している。鱗茎は大型で,地上部は高さ1~1.5mもあり,全草無毛。葉は卵状披針形,先はとがり革質で,短柄がある。7~8月,茎の先に数個から多いときには数十個の花を総状花序につける。花は6弁で広い漏斗状をなし,白色で赤褐色の斑点があり,強い芳香がある。鱗茎を食用にする。別名ヨシノユリ,エイザンユリ,ホウライジユリなどと産地にちなんでいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android