ヤリイカ(英語表記)Loligo bleekeri; spear squid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤリイカ
Loligo bleekeri; spear squid

軟体動物門頭足綱ヤリイカ科。胴長 45cm,胴幅 6cmの細長い円錐状で,後端はとがる。鰭は長い三角形状で,胴長の3分の2を占める。頭部は小さく,腕,触腕とも短い。北海道から九州,朝鮮半島南岸まで分布し,春に産卵のため海岸に接近したところを捕獲される。卵は長径 3mmほどで,30~60個を長い寒天質の袋に入れて海藻に産みつける。水産上の重要種で,ササイカサヤナガテナシテッポウ,ツツイカ,シャクハチなど多くの地方名がある。生食のほか,乾かして「笹するめ」を製する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤリイカ

軟体動物ジンドウイカ科。胴長40cm,非常に細長く外套(がいとう)膜の長さは体の幅の6〜7倍。このためサヤナガとかシャクハチイカなどの地方名がある。普通,暗褐色で環境によって体色を変える。北海道〜九州近海に分布し,冬〜春先に沿岸に寄ってきて,海藻,沈木,海底に房状の卵嚢に包まれた卵を産む。おもに生食されるが,干してするめ(笹ずるめ)にもされる。
→関連項目イカ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヤリイカ

 [Loligo bleekeri].ツツイカ目ジンドウイカ科のイカで食用にする.40cmになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤリイカ
やりいか / 槍烏賊
[学]Loligo bleekeri

軟体動物門頭足綱ジンドウイカ科のイカ。ササイカ、サヤナガ、テッポウ、ツツイカ、シャクハチイカ、テナシなどの地方名があり、水産業上重要なイカである。北海道から九州、インドネシアに分布する。外套(がいとう)(胴)長45センチメートル、幅6センチメートルに達する細長い円錐(えんすい)形で、後端はとがる。雌はやや小さく外套長30センチメートルであるが、幅は広い。ひれは長い三角形で、胴の3分の2に及ぶ。頭部は小さく、腕も短く弱々しい。春、産卵のため海岸に接近し漁獲される。卵は長径3ミリメートルで、30~60個を寒天質の卵嚢(らんのう)に入れて海藻や海底の岩礁に付着させる。生食のほか、乾燥して「笹(ささ)するめ」にする。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤリイカの関連情報