コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤリイカ ヤリイカLoligo bleekeri; spear squid

4件 の用語解説(ヤリイカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤリイカ
ヤリイカ
Loligo bleekeri; spear squid

軟体動物門頭足綱ヤリイカ科。胴長 45cm,胴幅 6cmの細長い円錐状で,後端はとがる。鰭は長い三角形状で,胴長の3分の2を占める。頭部は小さく,腕,触腕とも短い。北海道から九州,朝鮮半島南岸まで分布し,春に産卵のため海岸に接近したところを捕獲される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤリイカ

軟体動物ジンドウイカ科。胴長40cm,非常に細長く外套(がいとう)膜の長さは体の幅の6〜7倍。このためサヤナガとかシャクハチイカなどの地方名がある。普通,暗褐色で環境によって体色を変える
→関連項目イカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヤリイカ

 [Loligo bleekeri].ツツイカ目ジンドウイカ科のイカで食用にする.40cmになる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤリイカ
やりいか / 槍烏賊
[学]Loligo bleekeri

軟体動物門頭足綱ジンドウイカ科のイカ。ササイカ、サヤナガ、テッポウツツイカ、シャクハチイカ、テナシなどの地方名があり、水産業上重要なイカである。北海道から九州、インドネシアに分布する。外套(がいとう)(胴)長45センチメートル、幅6センチメートルに達する細長い円錐(えんすい)形で、後端はとがる。雌はやや小さく外套長30センチメートルであるが、幅は広い。ひれは長い三角形で、胴の3分の2に及ぶ。頭部は小さく、腕も短く弱々しい。春、産卵のため海岸に接近し漁獲される。卵は長径3ミリメートルで、30~60個を寒天質の卵嚢(らんのう)に入れて海藻や海底の岩礁に付着させる。生食のほか、乾燥して「笹(ささ)するめ」にする。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤリイカの関連情報