コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤロスラフ

百科事典マイペディアの解説

ヤロスラフ

ロシアのキエフ大公(在位1019年―1054年)。内紛を平定し,ポーランドや遊牧民族ペチェネグを討って領土を拡大したが,ビザンティン帝国遠征には失敗。キエフにソフィア聖堂を建設し,ロシア最古の法典〈ルスカヤ・プラウダ〉を編纂(へんさん)するなど文化面にも意を注ぎ,〈賢公(ムードルイ)〉の異名を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤロスラフ【Yaroslav Mudryi】

978ころ‐1054
ロシアのキエフ大公(在位1019‐54)。ウラジーミル大公の息子で,ノブゴロドに配されていた。父の死後,異母兄スビャトポルクを追放して1019年にキエフ大公位に就いたが,その後も弟ムスチスラフと争わねばならず,26年には彼と国土を分割して支配領域の一部を譲った。再び国土の統一を果たすことができたのはムスチスラフの死後の36年であった。彼は,北方のチュージ人(エストニア人の古称)の地にユーリエフ市(彼の洗礼名ユーリーにちなむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヤロスラフの言及

【キエフ・ロシア】より

… ウラジーミル大公は,母の違う12人の息子を各地に据え,新しい町を建て,そこに征服した諸族の有力者を配し,教会をつくって十分の一税を納めるなど,全国支配の強化に努めた。その子ヤロスラフ大公(賢公。在位1019‐54)の治世下で,支配領域は大いに拡大し,北はラドガ湖から南はドニエプル川中流域まで,東はオカ川から西はブーグ川までに広がった。…

※「ヤロスラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤロスラフの関連キーワードウラジーミル2世(モノマフ)アレクサーンドル ヤコブレフ聖ソフィア大聖堂[キエフ]ヤロスラヴル市街の歴史地区アレクサンドル・ネフスキーボレスワフ1世(勇敢王)ヴィターリィ ルーベンダニール グラーニンガリチ=ボルイン公国兵士シュベイクの冒険ルースカヤ・プラウダイワン3世(大帝)ヤロスラフ(1世)ルスカヤ・プラウダボリスとグレープコチアン四重奏団オーラフ(2世)イワン[3世]聖ソフィア寺院ユリエフ修道院

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤロスラフの関連情報