ユビュ王(読み)ユビュおう(英語表記)Ubu roi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユビュ王
ユビュおう
Ubu roi

フランスの劇作家,詩人,小説家アルフレッド・ジャリ戯曲。5幕。 1896年ウーブル座で初演。同年刊。ジャリ 15歳の作で,中学校の教師をからかった生徒たちの茶番劇『ポーランド人たち』 Les Polonaisを,マクベスやフォールスタッフやナポレオンを混ぜ合せてつくり上げた怪物的人物ユビュを主人公とした荒唐無稽な人形劇に仕立て,次いで戯曲に書き直したもの。初演では「糞たれ!」という開幕の第一声がスキャンダルを起したが,その後この戯曲全体にみられる欲望の解放,人間の愚劣,不条理の具体的表現などにより,シュルレアリストたちの称賛を受け,今日では現代劇の先駆と認められている。続編『鎖につながれたユビュ』 Ubu enchainé (1900) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ユビュおう〔‐ワウ〕【ユビュ王】

《原題、〈フランス〉Ubu Roiジャリによる戯曲。1896年初演。「merdre!(くそったれ)」という語で始まる破壊的・前衛的な作品で、シュールレアリストたちに高く評価された。不条理演劇の先駆とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユビュ王
ゆびゅおう
Ubu Roi

フランスの作家アルフレッド・ジャリの戯曲。五幕散文劇。1896年初演。主人公ユビュはマクベス夫人を気どるユビュおっ母(かあ)に唆されて王位簒奪(さんだつ)者となり、貴族を皆殺しにして「お宝」を奪うが、逆に追われる身となり諸国を流浪する。「糞(くそ)ったれ」の語で始まり、全編卑語、造語、古語の飛び交うこの劇は、神秘主義的サンボリスム劇を期待した当時のブルジョアを憤激させ、一大スキャンダルとなった。従来の形式、美学、演劇性などいっさいを無視したところに、ある不条理なものの体現として成立したこの作品は、シュルレアリストを中継者として、今日イヨネスコらの、いわゆる反演劇(不条理劇)の源流とみなされ、各国で繰り返し上演されている。[大崎明子]
『竹内健訳『ユビュ王』(1965・現代思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android