ユン・イサン(読み)ゆんいさん(英語表記)Yun Isang

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユン・イサン
ゆんいさん / 尹伊桑
Yun Isang
(1917―1995)

韓国(大韓民国)出身のドイツの作曲家。1939年(昭和14)日本に留学、大阪音楽学校でチェロを、東京で池内友次郎(いけのうちともじろう)に作曲を学ぶ。52年帰国し、ソウル大学などで作曲を教えるが、56年渡欧。パリ国立音楽院、ついでベルリン音楽大学に学び、64年以後当時の西ベルリンに居を構え作曲活動を続ける。67年スパイ容疑を受け、本国に強制送還されて死刑を求刑されたが、69年釈放され、旧西ドイツに帰化した。その作風は、西欧の前衛的な語法と東洋や朝鮮の伝統音楽との融合を目ざすものである。ベルリン芸術大学の教授として、ベルリンに留学する日本の作曲家を数多く指導して、多大な影響を与えた。主要作品には室内管弦楽曲『洛陽(ローヤン)』(1962)、オペラ『邯鄲(リュートン)の夢』(1965)、オーケストラとオルガンのための『次元(ディメンジオーネン)』(1971)などがある。[船山 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android