コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーグ(英語表記)Hugues le Grand, Comte de Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーグ
Hugues le Grand, Comte de Paris

[生]?
[没]956.6.16/17.
フランスの有力諸侯の一人。パリ伯。ロベール家 (カペー家の前身) 出身。西フランク王ロベール1世の子,ユーグ・カペーの父。セーヌ川ロアール川の間に広大な地を領有した。諸侯勢力が競合していたため父王を継承できず,936年カロリング家の遺児ルイ4世 (海外王) をイングランドから呼戻して即位させ,937年以降みずからはフランス公と称した。王が実権を掌握しようと努力したため,以後生涯王との抗争に終始した。初めオットー1世 (大帝) の支持を得てランスを支配下に収めたが,大帝がルイ4世と結んでからは,ノルマンディー公と王との敵対を利して王を捕え,釈放の条件としてカロリング家の地盤の一角であるランを獲得した。しかし,教会から破門され,ラン,ランスとも奪回され,以後はブルゴーニュを勢力下に収めることに全力を尽し,成功した。彼自身が王位にのぼることはなかったが,カロリング朝の解体とカペー朝成立前の時期を代表する君侯であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のユーグの言及

【テンプル騎士団】より

…正式名は〈エルサレム・テンプル騎士修道会〉。シャンパーニュ人ユーグHuguesら8人のフランス騎士により1118年,聖地巡礼者の保護を目的としソロモン神殿跡を本拠として創設された。十字軍時代の初期に,騎士道精神と修道制の理念の統一が西欧社会の理想的人間像として追求され,クレルボー修道院長ベルナールの後援によりトロア教会会議(1128)で新形式の騎士修道会として認可された。…

※「ユーグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報