ヨウ化カリウム(沃化カリウム)(読み)ようかカリウム(英語表記)potassium iodide

世界大百科事典 第2版の解説

ようかカリウム【ヨウ化カリウム(沃化カリウム) potassium iodide】

化学式KI。ヨードカリヨウポツ(沃剝)と俗称される。天然には海水,かん(鹹)水などに含まれる。無色立方晶系結晶。塩化ナトリウム型構造,格子定数7.0655Å。比重3.13。融点680℃,沸点1330℃。気体におけるイオン対K―Iの原子間距離は3.0478Å。水100gに対する溶解度127.5g(0℃),208g(100℃)。エチルアルコールメチルアルコールアセトングリセリンに溶け,エーテルには難溶。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヨウ化カリウム(沃化カリウム)の言及

【ヨウ化カリウムデンプン紙(沃化カリウム澱粉紙)】より

…酸化剤の検出に用いられる試験紙の一つ。ヨウ化カリウム3gと可溶性デンプン5gを水に溶かして1lにした溶液にろ紙を浸し,これを乾燥したもの。湿った状態で微量の酸化剤と鋭敏に反応して青色を呈する。…

※「ヨウ化カリウム(沃化カリウム)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android