コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭化カリウム しゅうかカリウムpotassium bromide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臭化カリウム
しゅうかカリウム
potassium bromide

化学式 KBr。無色結晶。融点 730℃,沸点 1393℃,比重 2.75。水,アルコールグリセリンに可溶。印画紙,乾板の製造などのほか,鎮静剤,抗てんかん剤として医用に供される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

臭化カリウム【しゅうかカリウム】

化学式はKBr。比重2.75,融点748℃,沸点1393℃。俗にブロムカリとも。塩化ナトリウムとよく似た無色結晶。写真用,医薬品(鎮静剤),赤外吸収スペクトル測定などに使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうかカリウム【臭化カリウム potassium bromide】

化学式KBr。俗にブロムカリまたは臭剝(しゆうぽつ)(〈ぽつ〉はカリウムを意味する英語potashの略による)ともいう。無色立方晶系の結晶,岩塩型格子。融点748℃,沸点1393℃。比重2.75(25℃)。屈折率1.5594。水100gへの溶解度53.5g(0℃),65g(25℃),104g(100℃)。エチルアルコールエーテルに難溶。飽和水溶液にエチルアルコールまたは臭化水素酸を加えて急速に結晶させると結晶ルミネセンスによる発光がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうかカリウム【臭化カリウム】

カリウムの臭化物で、白色の結晶。化学式 KBr 水に溶けやすい。写真の定着剤、鎮静剤、赤外線吸収スペクトル測定用プリズムなどに用いる。臭化カリ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臭化カリウム
しゅうかかりうむ
potassium bromide

カリウムと臭素の化合物。俗にブロムカリというが正しくない。天然の鉱物中にもみいだされるが、工業的には臭素を水酸化カリウム水溶液と反応させて製造する。
  3Br2+6KOH
   ―→5KBr+KBrO3+3H2O
副生する臭素酸カリウムの分離には、冷却して結晶化する方法がとられるが、一部母液に残留するものは、二酸化硫黄(いおう)で還元して臭化カリウムに変えられる。このほか、臭化水素と水酸化カリウムを混合、反応させる方法も用いられる。白色結晶性の固体。水によく溶け、アルコールにも溶ける。単結晶は可視部から波長25マイクロメートルまでの赤外線に対して透明なので、赤外線分光測定用のプリズムや錠剤の媒質として多用される。また、写真用臭化銀の製造原料、現像液、化学用試薬、神経鎮静剤に使用される。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

臭化カリウムの関連キーワード固溶体臭化カリウム(データノート)帆世雄一中村美公開元釈教録iPad臭化カリウム臭化カリウム臭化カリウム臭化銀