コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ素滴定 ヨウそてきていiodometric titration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウ素滴定
ヨウそてきてい
iodometric titration

強い還元性物質,たとえば硫化水素亜硫酸などを,ヨウ素標準溶液を用いて滴定する方法を,直接ヨウ素滴定,ヨージメトリーまたはヨウ素酸化滴定という。これに対して酸化性物質,たとえば2価の銅,3価の金,3価の鉄などに過剰のヨウ化カリウムを加え,遊離したヨウ素をチオ硫酸ナトリウムの標準溶液を用いて滴定する方法を,間接ヨウ素滴定,ヨードメトリーあるいはヨウ素還元滴定という。直接および間接ヨウ素滴定を一括してヨウ素滴定という。終点の決定にはヨウ素デンプン反応による青紫色の着色または脱色を利用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ヨウ素滴定

 酸化還元滴定法の一つで,ヨウ素 (I2) が還元されやすい性質を利用する.I2デンプンと反応させて定量することがある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウ素滴定
ようそてきてい
iodometric titration

ヨウ素の関係する酸化還元滴定。この反応は可逆反応である。
  I2+e-2I-
ヨウ素の酸化作用はあまり強くなく、強い還元剤に対してのみ酸化剤として働きヨウ化物イオンを生じ、逆に強い酸化剤に対してはヨウ化物イオンが電子を放出してヨウ素を生じる。普通にヨウ素滴定というときは、ヨウ素の酸化力を利用する前者の場合(これをヨウ素酸化滴定、ヨーディメトリーiodimetryという)と、ヨウ化物イオンの還元力を利用する後者の場合(これをヨウ素滴定、ヨードメトリーiodometryという)に分けられる。
 ヨウ素は昇華法で精製できるので一次標準物質となりうるが、無水亜ヒ酸(As2O3、一次標準物質)を用い、4<pH<9に保ってヨウ素標準溶液の標定を行うことがある。ヨードメトリーの場合、遊離したヨウ素をチオ硫酸ナトリウムの標準溶液で滴定する。この方法は酸化力のある物質の定量に広く適用できる。
 ヨウ素滴定においては、指示薬はデンプンを用いる。可溶性デンプン(主成分はα‐アミロース)はI2と、よく知られたヨウ素デンプン反応をして濃い青紫色を呈する。したがってヨウ素滴定においては、溶液がわずかに青紫色を呈するところを終点とする。[成澤芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヨウ素滴定の関連キーワード酸化還元指示薬沃素澱粉反応ベルトラン法チオ硫酸塩

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android