コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス12世 ヨハネスじゅうにせいJohannes XII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス12世
ヨハネスじゅうにせい
Johannes XII

[生]937?. ローマ
[没]964.5.14.
ローマ出身の第130代教皇在位 955~964)。本名はオクタビアヌス Octavianusで,登位の際に改名した史上 2人目の教皇。当時ローマを支配していたスポレト公アルベリック2世の一人息子で,父の権力により 18歳で教皇に選出された。962年2月,東フランク王国の国王オットー1世(在位 936~973)とその妻アーデルハイトを,神聖ローマ帝国皇帝・皇后として戴冠させた。だが,皇帝が発布した「オットー大帝特権状」で皇帝への臣従の誓いを要求され,それに抵抗すると 963年12月,皇帝に対する武装蜂起の扇動と不道徳の罪により廃位された。オットー1世は代わりにレオ8世(在位 963~965)を教皇の座につけたが,964年2月にオットー1世がローマを離れると,ヨハネス12世は教会会議を開いてレオ8世を廃位させた。そののちまもなく,愛人の腕に抱かれて死んだと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨハネス12世の関連キーワードオットー1世(大帝)ベネディクツス5世ベレンガーリョ2世オットー(1世)オットー[1世]アガペツス2世イタリア政策皇帝政策テオドラ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android