ヨハネス12世(読み)ヨハネスじゅうにせい(英語表記)Johannes XII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ヨハネス12世」の解説

ヨハネス12世
ヨハネスじゅうにせい
Johannes XII

[生]937?. ローマ
[]964.5.14.
ローマ出身の第130代教皇在位 955~964)。本名はオクタビアヌス Octavianusで,登位の際に改名した史上 2人目の教皇。当時ローマを支配していたスポレト公アルベリック2世の一人息子で,父の権力により 18歳で教皇に選出された。962年2月,東フランク王国の国王オットー1世(在位 936~973)とその妻アーデルハイトを,神聖ローマ帝国皇帝皇后として戴冠させた。だが,皇帝が発布した「オットー大帝特権状」で皇帝への臣従の誓いを要求され,それに抵抗すると 963年12月,皇帝に対する武装蜂起扇動と不道徳の罪により廃位された。オットー1世は代わりにレオ8世(在位 963~965)を教皇の座につけたが,964年2月にオットー1世がローマを離れると,ヨハネス12世は教会会議を開いてレオ8世を廃位させた。そののちまもなく,愛人の腕に抱かれて死んだと伝えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android