コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨロイイソギンチャク ヨロイイソギンチャク Anthopleura uchidai

3件 の用語解説(ヨロイイソギンチャクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨロイイソギンチャク
ヨロイイソギンチャク
Anthopleura uchidai

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科。体高 5~8cm。体は褐色の円筒形で,体壁表面にいぼ状吸盤がある。吸盤は特に上部に多く,小礫や貝殻片などを付着させている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヨロイイソギンチャク【Anthopleura japonica】

花虫綱ウメボシイソギンチャク科の腔腸動物(刺胞動物)(イラスト)。本州,四国,九州に分布し,干潮線の砂や小石の中,岩の割れ目などにすむ。体は高さ4~7cm,直径4~6cmの円筒状で,表面全体に小さなこぶがあり,上部のいぼ状吸盤には砂粒などをつけている。このため鎧(よろい)の名がある。体色は淡褐色から濃褐色で,個体によって変異がある。触手は濃褐色から赤褐色で総数96本あり,内側から6,6,12,24,48の順に並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨロイイソギンチャク
よろいいそぎんちゃく / 鎧磯巾着
[学]Anthopleura uchidai

刺胞(しほう)動物門花虫(はなむし)綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科に属する海産動物。本州、四国、九州に分布する。ウメボシイソギンチャク科のなかで、体壁上端と触手との間に周辺球があり、体壁に吸着疣(いぼ)の列をもつAnthopleura属に属する。体高は4~7センチメートル、体幅は4~6センチメートルで、体壁、触手とも褐色系、周辺球はクリーム色である。触手は五環列の96本。隔膜は四環列の48対で、第一から第三環列は完全隔膜となり生殖腺(せん)をもつ。本州中部の岩礁海岸の潮間帯上・中部ではもっとも普通にみられ、体壁の吸着疣は日本産のこの仲間ではもっとも吸着力に優れ、体壁上半には虫体の体壁が見えないほど多くの小石や貝殻片をつけている。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨロイイソギンチャクの関連キーワードウメボシイソギンチャクコモチイソギンチャクタテジマイソギンチャクハタゴイソギンチャクヒオドシイソギンチャク砂巾着花巾着イソギンチャク(磯巾着)モエギイソギンチャク(萌黄磯巾着)ヤドカリイソギンチャク(宿借磯巾着)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone