コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨービネ ヨービネ Jòvine, Francesco

3件 の用語解説(ヨービネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨービネ
ヨービネ
Jòvine, Francesco

[生]1902. グァルディアルフィエーラ
[没]1950. ローマ
イタリアの小説家。初期の作品『かりそめの男』 Un uomo provvisorio (1934) 以来,悪癖に染まった都会と貧困にあえぐモリーゼ地方の農民とが,小説の主題となる。ほかに『アーバ夫人』 Signora Ava (42) ,死後出版された傑作『聖なる土地』 Le terre del Sacramento (50) などがあり,ネオレアリズモ文学の代表的作家の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヨービネ【Francesco Jovine】

1902‐50
イタリアの作家。モリーゼ地方出身。16歳で小学校教員となり,のちローマ大学に学んだ。処女作《仮の男》(1934)が描く都会人の退廃と不安は,短編の主題などに引き継がれる。代表作《ご先祖奥さま》(1942)および《秘跡の地》(1950)は,ともに故郷の歴史と民間習俗を背景に,農民の飢えと労働と受難を,支配層の優雅と倦怠とエゴイズムとともに,〈壁画〉風に描き出している。【米川 良夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨービネ
よーびね
Francesco Jovine
(1902―1950)

イタリアの小説家。南イタリア、モリーゼ地方の貧家に生まれ、苦学した。自伝的要素の濃い短編集『鶏泥棒』(1930)で世に出たが、やがて、満たされない愛、優柔不断で根なし草のような生活を送る都会人の退廃と倦怠(けんたい)、あるいは、隷属と暴力と無秩序に支配される農民の悪を主題に、方言を取り入れた、リアリスティックな筆致で描いた。代表作は『アーバ夫人』(1942)、『埋葬された羊飼い』(1945)、『秘跡の土地』(1950)など。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨービネの関連キーワードブバルディアグラディエーターサンダルコメディアエルディータディエードルフィエーゾレグァルネリ弦楽四重奏団コルディアトータル・フィアーズホルディリディアグアルディア岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone