ライ麦畑でつかまえて(読み)ライムギバタケデツカマエテ

デジタル大辞泉の解説

ライむぎばたけでつかまえて〔‐むぎばたけでつかまへて〕【ライ麦畑でつかまえて】

《原題The Catcher in the Ryeサリンジャーの中編小説。1951年刊。思春期の少年の不安定な心理をみずみずしく描き、当時の若者層の支持を得る。別邦題「危険な年齢」「ライ麦畑の捕手」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ライむぎばたけでつかまえて【ライ麦畑でつかまえて The Catcher in the Rye】

アメリカの作家J.D.サリンジャーの名を一躍有名にした長編小説。1951年刊。成績不良で退学させられた17歳の少年が,前年のクリスマス休暇に学校を出てからニューヨーク市の自宅に帰るまでになめた体験を語るという形式をとった現代のピカレスク小説である。純潔いちずな少年の魂と複雑巧妙に構成されたおとなの世界の衝突という伝統的パターンをふまえながら,ホールデン・コールフィールドHolden Caulfieldという,おそらくは文学史に長くその名を残すであろう魅力的な主人公の姿をみごとに造形している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ライむぎばたけでつかまえて【ライ麦畑でつかまえて】

サリンジャーの小説。1951年刊。物質的繁栄を享受するアメリカ中流階級に生まれた多感な少年の、やり場のない苛立ちを描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライ麦畑でつかまえて
らいむぎばたけでつかまえて
The Catcher in the Rye

アメリカの作家サリンジャーの中編小説。1951年刊。成績不良で高校を退学になったホールデンが、ニューヨークに戻りながら両親のもとに帰りにくいまま過ごす2日間のことが、彼自身の口から語られる。ライ麦畑で遊んでいる子供たちが危ない崖(がけ)から落ちそうになったとき、つかまえてやる者になりたいと語る優しさと、周囲の人物の偽善を鋭く見抜く厳しさとをもつホールデンだが、出会う人物のほとんどが大人の世界の「いんちき」に染まっていて絶望し、片田舎(いなか)へ逃げ込もうと決意する。しかし幼い妹のフィービーの無邪気な愛に救われ、広い人間愛に目覚める。少年らしい感覚と痛快な語り口で若者に迎えられ圧倒的人気をよんだ。[田中啓史]
『野崎孝訳『ライ麦畑でつかまえて』(1964・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライ麦畑でつかまえての関連情報