コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクダムシ Inocellia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラクダムシ
Inocellia japonica

脈翅目ラクダムシ科。体長 10mm内外。前翅の開張幅は雄で 15mm内外,雌で 20mm内外。体は細長く,頭部は方形,前胸は長い円筒状である。全体に黒色であるが,中胸と後胸の楯板,肢は黄色。触角は糸状。単眼を欠き,複眼は小さいが突出する。翅は長卵形で,各翅に縁紋がある。翅脈は比較的あらく,横脈がかなり多い。雌の産卵管は長い。和名は腹部を曲げ,頭を上げて歩く様子がラクダに似ていることによる。成虫は春から夏に出現し,おもに林中にみられるが,灯火にも飛来する。本州,四国,九州に分布する。日本産ラクダムシ類には本種のほかにキスジラクダムシ Raphidia harmandi1種が知られている。この種は頭部は後方に向ってせばまり,単眼があり,翅の縁紋が2分されている点でキスジラクダムシ科に分類されている。なおラクダムシ類をラクダムシ目として脈翅目から独立させて扱う見方もある。 (→脈翅類 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラクダムシ
らくだむし / 駱駝虫
[学]Inocellia japonica

昆虫綱脈翅(みゃくし)目ラクダムシ科の昆虫。こぶ状の中・後胸をもち、長い頸(くび)(前胸)を持ち上げ、腹部を曲げて歩くようすがラクダに似ているというので、この名がある。小形、黒色で、透明なはねをもった虫。春から夏にかけてマツ林に出現する。体長10ミリメートル内外、前翅の開張幅は雄で15ミリメートル、雌で20ミリメートル内外。頭部はやや前後に長く、頬(ほお)が角張り、複眼は小さい。単眼はなく、はねの縁紋は翅脈で二分されない(ラクダムシ科の特徴)。中・後胸の楯板(じゅんばん)や腹部背板各節の後縁および脚(あし)は黄色。雌は細長い産卵管を腹端から突き出している。成虫は夜灯火にもくる。幼虫は樹皮下にすみ、前後に自由に動きながら、小昆虫を捕食する。蛹(さなぎ)は蛹室(ようしつ)に入っているが、のちに適当な場所に移って羽化する。本州、四国、九州に分布する。
 ラクダムシ類Rhaphidioideaは、脈翅目のうち広翅亜目に属し、このなかでも幼虫が陸上で生活するグループに入る。日本にはラクダムシのほかに、単眼をもち、はねの縁紋が横脈で二分されるキスジラクダムシ科のキスジラクダムシRaphidia harmandiがいる。世界からは2科約80種が知られる。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラクダムシの関連キーワードラクダムシ(駱駝虫)黄条駱駝虫駱駝虫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android