ラケット(英語表記)racket/racquet

  • rackets

世界大百科事典 第2版の解説

ラケットを使ってボールを壁面に打ち返す屋内スポーツ。コートは縦60フィート(18.3m),横30フィート(9.1m)で,周囲は4面とも壁とする。ゲームはシングルスダブルスがあり,正面の壁のプレーラインより上へ交互にボールを打つ。サービス権を持っただけ得点し,失敗するとサービス権が移る。15点を1ゲームとし,シングルスでは1試合5ゲーム行う。起源スカッシュファイブズペロタなどと共通し,建物の外壁を利用して,素手あるいは手袋をはめた手や,バットやラケットを用いてボールを打ちつけるゲームから発達したもので,フランスでは15世紀にはすでにラケットをつくる職人組合があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (raket racket) テニス、バドミントン、卓球などで球を打つのに用いる具。テニス、バドミントンでは柄(え)のついた楕円形のわくにガット(弦)を網状に張ったもの。卓球では柄のついた円形または方形状の板にスポンジやラバーを張る。
※紅毛雑話(1787)一「羽子板をラケットといふ、羽根をウーラングといふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のラケットの言及

【スカッシュ】より

…1ゲームは9点先取した者が取るが,8対8のときは,レシーバーの選択により10点制にするかそのまま9点先取で勝ちにするかを決める。 スカッシュは,壁へのはね返りを使ってボールを打ちあうラケットrackets(racquets)の一変種で,19世紀の中ごろイギリスのハロー校の少年たちがラケットの順番を待つ間,ボールを押しつぶして(squash)はね返りを弱くし,コート脇の狭い空間でもできるようにしたのが起源だという。1890年代には専用コートが作られるようになり,1920年代にイギリス全土に急速に普及した。…

【スカッシュ】より

…正式にはスカッシュ・ラケットsquash racketという。2人のプレーヤーがボールをラケットで打ちあうスポーツ。…

※「ラケット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラケットの関連情報