コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラサ条約 ラサじょうやくConvention between Great Britain and Tibet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラサ条約
ラサじょうやく
Convention between Great Britain and Tibet

英蔵条約ともいう。 1904年9月,ラサに侵入したイギリスの F.ヤングハズバンドチベット側代表団との間に結ばれた条約。チベット,イギリス領シッキム間の国境の確認,通商のためギャンツェ,ガルトク,ヤトゥンなどの開放のほか,チベットはイギリスの承認なしにはその領土を処分できない,あるいは鉄道,鉱山などの利権を外国に供与できない,50万ポンドの賠償金を支払うまでイギリス軍がチュムビイ渓谷に駐留することなどを定めた。チベットに対する清朝の宗主権を無視し,イギリスの属国化をはかるものとして 07年のイギリス,ロシア間の条約でイギリスの優越権は否定されたが,チベットへのイギリス勢力進出の端緒となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラサ条約
らさじょうやく

1904年イギリス(正確にはインド政庁)とチベットとの間に結ばれた条約。19世紀後半以降イギリスはロシアの南下を警戒して、チベットと条約を結ぶ交渉をしようとしたが、チベット側はこれを拒否した。それに対して、イギリスは1904年1万の軍隊を派遣してラサを占領し、特派使節団長ヤングハズバンドとチベット代表の間でラサ条約が締結された。この条約によってチベットは、インドとの交易市場の設置、イギリスの商務駐在官のチベット常駐、チベット領土の外国への不割譲などを認めさせられた。この条約によってチベットは事実上イギリスの保護国のような地位に落とされた。しかし、チベットに対しては中国(清(しん)朝)が宗主権をもっていたので、イギリス(インド軍)が撤退すると、清朝は軍隊を送ってチベットを占領してしまった。1907年のイギリス・ロシア協商では、チベットに対する中国の宗主権が確認されたため、ラサ条約はほとんど無効となった。[小谷汪之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラサ条約の言及

【チベット・インド条約】より

…ラサ条約,英蔵条約ともいう。イギリスはシッキム条約(1890)によりチベット進出へ足がかりを得たが,チベット側の強硬な姿勢で条約は円滑に運用されず,一方ロシアも盛んにチベットへ接近を試みていた。…

※「ラサ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラサ条約の関連キーワードフランシス・エドワード ヤングハズバンドトゥプテンギャンッオチベット・インド条約英蔵条約

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android