コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラトソル ラトソルlatosol

2件 の用語解説(ラトソルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラトソル
ラトソル
latosol

熱帯の湿潤気候下の森林植生下に生成した土壌。粘土部分ではケイ鉄礬比,塩基置換容量は低く,粘土の活力は弱く,ほとんどの一次鉱物は存在しない。また可溶性成分もほとんどなく,凝集物の安定度は高く,通常,赤褐色を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラトソル
らとそる
latosol

熱帯から亜熱帯にかけての多雨地方におけるアリット風化(ラテライト化)のもとに、可溶性塩基の大部分が溶脱し、鉄・アルミニウムケイ酸塩の分解産物としての鉄・アルミニウムの酸化物や水酸化物が土層に集積している土壌。この土壌生成過程が熱帯サバンナ気候下で十分に進んだときに生ずるラテライト殻に注目し、そのような風化生成過程をラトソル化作用とよぶようになった。アリット風化(鉄の酸化集積も含めたフェラリット風化という言い方もある)とラトソル化、ラテライト化の呼称はまったく同義ではないが、しかし明確な区別も定義されていない。
 この断面特徴は、深層まで風化作用が及んでいるため土層が厚いこと、高温の条件下で植物遺体の分解が速く表土に腐植がほとんど含まれていないこと、風化生成物としての粘土鉱物が鉄・アルミニウム酸化物で着色され、紅土とよばれるように赤みが強いこと、などである。
 世界的な分布域はアフリカ、南アメリカ大陸の赤道を挟む南北緯10度以内の多雨地方にもっとも集中し、東南アジアではインドネシア全域とマレーシア、ベトナムに、南アジアではインド、ミャンマー(ビルマ)のそれぞれ熱帯モンスーンおよび熱帯サバナ地域にあり、中米にもメキシコ南部からパナマにかけて分布している。[浅海重夫・渡邊眞紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラトソルの言及

【土壌型】より

… 年間を通じて高温・多湿な熱帯雨林気候帯ないし熱帯モンスーン気候帯に広く分布している成帯性土壌型はラテライト性赤色土である。この土壌はラトソル,フェラルソル,鉄アルミナ質土壌などともいわれ,アメリカの土壌分類体系ではオキシソル目に包含されている。熱帯の高温湿潤な環境条件下では風化されやすい鉱物はほとんど分解されてなくなり,石英のような風化に対する抵抗性の強い鉱物だけが残留する。…

【ラテライト】より

…粘土は酸化鉄,アルミナで被覆されているため粘土の移動,集積はみられない。風化殻としてのラテライトと区別するために,ケロッグC.E.Kelloggはラトソルlatosolと呼ぶことを提案(1949)した。アメリカ合衆国の新分類によるオキシソルOxisols,FAO/UNESCO分類のフェラルソルFerralsolsなどにほぼ相当する。…

※「ラトソル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone