ラトビア語(読み)ラトビアご(英語表記)Latvian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラトビア語
ラトビアご
Latvian language

レット語ともいう。ラトビア公用語で,同国を中心に約 200万の人々に用いられる。インド=ヨーロッパ語族バルト語派に属する。 1585年の『公教要理』と 86年のルター派の『教理問答書』が最古の文献。同じバルト語派のリトアニア語に比べて,古形からの変化が激しい。 19世紀末にはすでに文章語が確立発展していた。東部,中部,西部の3方言に分れ,中部方言が標準語の基礎になっている。現在はローマ字で書かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラトビア語【ラトビアご】

インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属する言語。ラトビア共和国の公用語。16世紀のカトリック教会の教義問答書の翻訳を最古の文献とする。同じ派のリトアニア語に比べて語形変化における変遷が著しい。約200万人が用いる。
→関連項目ラトビアリーブ語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラトビアご【ラトビア語 Latvian】

インド・ヨーロッパ語族のバルト語派に属する言語で,バルト海に臨むラトビア共和国で話され,言語人口はラトビア共和国で139万,旧ソ連邦全土で146万(1989),さらにソ連邦以外に6万以上(アメリカ合衆国に多い)を数える。文字はラテン文字と,それに補助記号をつけるものが多く,文字を組み合わせて一つの音を示すものは二つしかない。文法面では格の数は6,双数は消失するなどリトアニア語ほど保守的で複雑ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラトビア語
らとびあご
Latvian

ラトビア共和国の国語であり、同共和国に約134万人、その他の諸外国に約25万人の話し手を数えると推定される言語。系統的には、リトアニア語、古プロイセン語とともに印欧語族のバルト語派に属する。東部、西部、中央の三つの主要な方言に区別されるが、標準語は19世紀末から20世紀初頭にかけて、中央方言に基づいて成立した。リトアニア語とは非常に近い関係にあり、同一言語の異なる方言といいうるほどであるが、リトアニア語に比して変化が著しく、音韻、形態、アクセントなどの面における古い特徴がかなり失われている。ラトビア語の文献は、カトリックの教義問答書の翻訳(1585出版)が最古のもので、以後次々と現れる。[矢野通生]
『T. G. Fennell and H. Gelsen A Grammar of Modern Latvian (1980, Mouton, The Hague, The Netherlands)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android