コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラバン Laban, Rudolf von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバン
Laban, Rudolf von

[生]1879.12.15. ポジョニー(現ブラチスラバ)
[没]1958.7.1. ウェイブリッジ
オーストリア=ハンガリー生れの舞踊理論家。本名 Rudolf Laban de Varaljas。ノイエ・タンツ (モダン・ダンス) の理論的主導者で,舞踊譜ラバノテーションの創案者。初め踊り手として活躍したが,パリで一時建築を学び,映画・演劇・絵画にも関心を寄せ,レビュー・グループを率いて北アフリカで当地の舞踊を学んだ。 1930年ベルリン国立歌劇場のディレクターに就任。舞踊を時間芸術ではなく空間芸術としてとらえ,科学的に身体運動を分析し,その形式と方法論を確立,群舞の作品を多く作った。 M.ウィグマン,K.ヨースら多くのドイツ・モダン・ダンスの俊英を育てた。第2次世界大戦中ナチスに追われてイギリスに移住し,工場労働者に作業効率を高める方法などを教えた。主著『舞踊家の世界』 Die Welt des Tänzers (1920) ,"Principles of Dance and Movement Notation" (56) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラバン

ポジョニュ(現スロバキア領ブラチスラバ)に生まれたドイツの舞踊家,振付家,舞踊理論家。パリで絵画や舞踊を学び,北アフリカやドイツ各地を回り,舞踊家としての基礎を築く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラバン【Rudolf von Laban】

1879‐1958
ハンガリーに生まれ,ドイツとイギリスで活躍した舞踊家,振付師,舞踊理論家。パリのエコール・デ・ボーザールに学び,ムーラン・ルージュで舞踊家として出発,北アフリカ,ドイツ各地を転々としながら舞踊家としての基礎を固めた。1910年ミュンヘンにモダン・ダンスの学校を開設,その生徒の中にM.ウィグマンがいた。19年シュトゥットガルトにラバン舞踊団を開設,K.ヨースが参加した。28年《記された舞踊Schrifttanz》を出版,長年の動作の分析研究に基づいた舞踊の記譜法〈キネトグラフィー・ラバンKinetographie Laban〉を発表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラバン
らばん
Rudolf von Laban
(1879―1958)

ドイツの舞踊振付者。ブラチスラバ(スロバキアの都市。当時はオーストリア・ハンガリー帝国)に生まれる。舞踊家としてパリなどで活躍後、1910年ミュンヘンで舞踊学校を開き、第一次世界大戦中チューリヒでスタジオを開設、30年にはベルリン国立劇場の芸術監督となった。ベルリン・オリンピックのマス・ゲームなども創作したが、第二次大戦中はナチスを嫌いイギリスに亡命、晩年は舞踊教育に貢献した。ドイツ・モダン・ダンスの父といわれ群舞の創作に才能を発揮し、『ドン・ファン』『アガメムノン』などを振り付けた。また舞踊思想家、教育者として『舞踊家の世界』(1920)、『振付術』(1926)、『舞踊のための人生』(1935)、『近代教育舞踊』(1948)などを出版。彼は舞踊を、動き、リズム、方向性の三要素からなるものとし、動きは魂と舞踊家の身体感覚を通して生まれ、空間的緊張から空間の律動的組織化が行われると主張した。ラバンの考案した舞踊譜はその後ラバノテーションLabanotationの名で実用化されている。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラバンの言及

【振付】より

…その後も舞踊記譜法はさまざまなものが考案され振付が記録された。なかでもロシアのステパノフVladimir Ivanovich Stepanov(1866‐96)の楽譜を併用した舞踊譜,ハンガリー生れのラバンラバノーテーション,イギリスのベネッシュRudolf Benesh(1916‐75)とその妻Joan B.(1920‐ )によるベネッシュ・ノーテーションはその実用的価値が高い。 振付は舞踊の分野で初めから独立した職分とはなっていなかった。…

【民族舞踊学】より

…したがって舞踊の様式研究は研究者たちによって多くの試みがなされている段階である。そのなかでとくに重要なものは,ラバンの考案したラバノーテーションとエフォート・シェープeffort shapeである。ラバノーテーションは動作の方向,時間的長さ,レベルによって記号化し,身体の各部を並列して記譜する。…

【ラバノーテーション】より

…舞踊の記譜法。ラバンによって考案された。1928年にラバンは《記された舞踊Schrifttanz》を著して,それ以前にあったものとは二つの点で異なる記譜法を発表した。…

※「ラバン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラバンの関連キーワードバン・クライバーンラバノーテーションR.v. ラバンコレオグラフィーM. ウィグマンモービルハウスブラバント公国クロイツベルクレバノン山脈ブラバント州ルアン・パバハッチンソン12月15日K. ヨースアラビナンガマリエルポジョニュソンカーンデルサルト神沢 和夫

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラバンの関連情報