コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムシフト Lamb shift

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムシフト
Lamb shift

ディラックの電子論によれば,水素原子の 2s1/2 準位は,2p3/2 準位と同じエネルギーをもつはずであるが,実際にはわずかに高いほうにずれている。このずれをラムシフトという。 1947年に W.ラムと R.レザフォードが超短波による磁気共鳴で 2s1/2 準位から 2p3/2 準位への遷移を起させてエネルギー差を測定した。このエネルギーのずれは電子に対する放射場の反作用の効果として,くりこみ理論を用いて説明されるもので,量子電磁力学実験的検証の1つとして重要な意味をもった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラム‐シフト(Lamb shift)

水素原子中の電子のエネルギー準位に見られるごく僅かなずれ。1947年、W=ラムとR=レザフォードにより発見された。後に繰り込み理論を導入した量子電磁力学により、実験結果が説明された。ラム・レザフォードの実験は量子電磁力学の正しさを証明する最初の実験として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

ラムシフト【Lamb shift】

水素原子,および水素類似イオンにおいて,エネルギー準位はディラックの電子論から予想される値よりもわずかにずれるが,このずれ(偏倚)のことをいう.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ラムシフトの関連キーワードラム(Willis Eugene Lamb Jr.)ケンドル(Henry W. Kendall)プリンススカイラインALSIDウィルズ・E.(Jr.) ラムラム=レザフォードの実験ラムレザフォードの実験原子スペクトルくりこみ理論原子線

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android