ラムシフト(英語表記)Lamb shift

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムシフト
Lamb shift

ディラックの電子論によれば,水素原子の 2s1/2 準位は,2p3/2 準位と同じエネルギーをもつはずであるが,実際にはわずかに高いほうにずれている。このずれをラムシフトという。 1947年に W.ラムと R.レザフォードが超短波による磁気共鳴で 2s1/2 準位から 2p3/2 準位への遷移を起させてエネルギー差を測定した。このエネルギーのずれは電子に対する放射場の反作用の効果として,くりこみ理論を用いて説明されるもので,量子電磁力学実験的検証の1つとして重要な意味をもった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラム‐シフト(Lamb shift)

水素原子中の電子のエネルギー準位に見られるごく僅かなずれ。1947年、W=ラムとR=レザフォードにより発見された。後に繰り込み理論を導入した量子電磁力学により、実験結果が説明された。ラム・レザフォードの実験は量子電磁力学の正しさを証明する最初の実験として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラムシフトの関連情報