コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子論 でんしろんelectron theory

5件 の用語解説(電子論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子論
でんしろん
electron theory

19世紀末に低圧気体放電管内で発見された電子は,あらゆる物質の構成要素の1つであることが明らかとなった。電子の性質および物質内での電子のふるまいから物質の諸性質を論じる理論を電子論という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんし‐ろん【電子論】

物質は電子陽イオンとからなり、その性質は原子の性質から説明できるとする理論。物質の光学的・電磁気学的性質を対象とするローレンツの電子論、電子自体の波動陽電子の存在を対象とするディラックの電子論など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電子論【でんしろん】

19世紀末からおもにH.A.ローレンツにより展開された古典的理論。電子の本性を論じ,また物質が電子と正の荷電粒子からなることからその電磁気・熱・光学的性質を説明しようとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

でんしろん【電子論】

電子に関する理論。物質が電子と正の荷電粒子からなるものとして物質の諸性質を説明するものと、電子自身の性質を論ずるものとがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電子論
でんしろん
electron theory

物質は原子によって構成され、原子相互間の結合は電子によって行われ、また、物質の性質は結合にあずかっている電子によって決定される。このような立場にたって、電子の性質、および電子の関与する物質の諸性質(物性)を調べる理論を電子論という。19世紀の終わりから20世紀の初めにかけて、物体中で電気を運ぶのは自由電子であるとして、電気伝導をはじめ諸物性を説明したのが、ドルーデローレンツによる古典電子論である。その後、量子力学の発展に伴い、ゾンマーフェルトによって量子力学的電子論の基礎がつくられた。この理論では、電子は波動としてふるまい、その結果、電子のエネルギースペクトルに許容帯と禁止帯とが生まれる。これがバンド理論であり、物質に導体、半導体、絶縁体の違いが生ずる理由をよく説明することができる。[野口精一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の電子論の言及

【電気】より

…マクスウェルの理論に欠けていた第2の点は,電荷や電流の本性は何かということである。これに答えようとしたのは,物質の電気的・磁気的性質を物質の原子的構造から説明することを目ざす,H.A.ローレンツの〈電子論〉であった。電子論では,仮説として,物質が正負の電荷をおびた微粒子からなるという考えを導入するが,真空放電の研究に続く陰極線の発見を経て,96年にローレンツおよびJ.J.トムソンが,それぞれゼーマン効果,陰極線粒子の比電荷の研究によって電子の存在を確認するにおよんで,電子論の基礎はひじょうに強固となった。…

【有機電子論】より

…有機化合物の反応性や有機化学反応の経路を電子の状態や移動から説明する理論。単に電子論あるいは電子説ともいう。具体的には20世紀前半のイギリスの化学者ラップワースA.Lapworth,ロビンソンRobert Robinson(1886‐1975),インゴルドChristopher Kelk Ingold(1893‐1970)らの理論をいう。…

【ローレンツ】より

…また27年から5回連続してソルベー会議の議長を務めた。 科学上の業績は光学と電磁気学の分野,とくに両者を統一的に説明した電子論の形成にあった。J.C.マクスウェルは光の電磁波説を提唱し光学を電磁気学で説明する契機を作ったが,具体的な現象を説明できず,1880年代までは旧来の光学理論である光の弾性波動論が主流であった。…

※「電子論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone