コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラム・シフト ラムシフト

百科事典マイペディアの解説

ラム・シフト

原子の電子エネルギーをマイクロ波を用いて測定したとき,放射場(電磁場)の反作用によって生じるエネルギー準位のずれをいう。1947年W.E.ラムとレザフォードR.C.Retherfordが水素原子を核磁気共鳴で観測して発見。
→関連項目クッシュ量子電磁力学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のラム・シフトの言及

【自己エネルギー】より

…ただし素粒子の自己エネルギーは測定できる量ではなく,素粒子のもともとの質量と自己エネルギーに相当する質量を加えたものが測定される質量であって,これらの測定可能な量だけを使って書き表し,無限大の自己エネルギーは結果に現れないようにすることはできる(くりこみ理論)。前述のように自己エネルギー自身は測定不可能だが,例えば自由な電子の自己エネルギーと,水素原子内に束縛された電子のそれとの差は観測可能で,このずれはラム・シフトと呼ばれる。【宮沢 弘成】。…

【微細構造】より

…微細構造は多くの場合,通常の可視分光器で分解できるが,軽い元素では線幅の中に入ってしまい精密な測定はできない。W.E.ラムとR.レザフォードは極超短波の吸収を使って水素原子の微細構造準位を精密に測定し,現在,ラム・シフトと呼ばれている量子電磁力学の重要な効果を発見した(ラム=レザフォードの実験)。 原子スペクトルには,原子核と電子の相互作用に基づくさらに微細な構造があり,それは超微細構造と呼ばれている。…

【ラム=レザフォードの実験】より

…ディラックの電子論による計算からは,水素原子の2s1/2準位と2p1/2準位とは一致するはずであるが,実際には少しずれているらしいことが,前々から指摘されていた。ラムとレザフォードは,第2次世界大戦中レーダー開発のため著しい発展をとげたマイクロ波技術を用いて,この両エネルギー準位のずれの精密測定を行い,1052MHzのずれを見いだしたのである(このずれをラム・シフトという)。H.A.ベーテはただちに,このずれは電子と放射場との相互作用によるものであろうと指摘した。…

※「ラム・シフト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラム・シフトの関連キーワードラム(Willis Eugene Lamb Jr.)ケンドル(Henry W. Kendall)ウィルズ・E.(Jr.) ラムラム=レザフォードの実験ラムレザフォードの実験原子スペクトルくりこみ理論ラムシフト原子線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android