ラングランド(英語表記)Langland, William

  • 1330ころ―1400ころ
  • William Langland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1330頃
[没]1400頃
イギリスの詩人。中世イギリス文学の傑作『農夫ピアズの幻』 The Vision of Piers the Plowmanの作者といわれる。伝記不詳。その作品から想像されるかぎりでは,イングランド中部地方に生れ,グレート・モールバンのベネディクト派の修道院で教育を受け,下級聖職につき,ロンドンに出て貧窮のうちに暮した。 1362年頃から夢物語の形式をかりた長編寓意詩『農夫ピアズの幻』に取りかかり (Aテキスト,2567行) ,78年頃に改訂増補し (Bテキスト,7242行) ,94年頃さらに改訂 (Cテキスト,7357行) ,死ぬまで手を加え続けた。この作品は宗教的であると同時に鋭い社会批評を含み,当時の社会に光を当てる史料としても第一級の価値をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

英国の詩人。中世英文学の一傑作である寓意(ぐうい)詩《農夫ピアーズの夢》の作者。ピアーズの見た夢として物語られるこの作品は,中世的神秘思想と痛烈な社会風刺を含んでいる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの詩人。中世イギリス文学の大作『農夫ピアズの幻(まぼろし)』の作者とされる。伝記は不詳であるが、この作品から、イギリス中西部に生まれ、グレート・モールバンの修道院で教育を受け、ロンドンに出て聖職についた人物と推定される。『農夫ピアズの幻』The Vision of William Concerning the Piers the PlowmanにはAテキスト(1362~63)、Bテキスト(1376~77)、Cテキスト(1393~98)の三種のテキストがあり、作者複数説もあるが、順次一人の作者によって改訂されたものとされている。敬虔(けいけん)な農夫ピアズ(ときにこれが聖ペテロやキリストの意味に転化する)の、キリスト者としての祈りと、真理への希求のうちに、人間の理想的な生き方をみ、人間の生きるべき正しい道を説いた、神秘主義的説教文学の傑作であると同時に、当時のさまざまな階層・職業の人物を登場させ、その道徳的腐敗を非難した、痛烈な社会批判の書でもある。

[安東伸介]

『池上忠弘訳『農夫ピアズの幻想』(1974・新泉社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1330ごろ〜1400ごろ
イギリスの詩人
中世イギリス文学の傑作『農夫ピアズの夢』の作者と伝えられる。この長詩は社会悪を攻撃し,労働の神聖を説き,当時の風俗・農業事情を伝えている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android