コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランコビッチ Ranković, Aleksandar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランコビッチ
Ranković, Aleksandar

[生]1909.11.28. ベオグラード近郊ドラジェバッツ
[没]1983.8.19. ドブロブニーク
ユーゴスラビアの政治家。 1928年共産党に加入,数回の入獄を繰返した。チトーの側近としてセルビアで活躍し,40年党政治局員に就任。第2次世界大戦中はパルチザン戦争の指揮官の一人。 46~53年副首相兼内相として秘密警察網を完成。 60~63年共産主義者同盟書記長,63~66年副大統領。チトーの後継者の一人といわれたが,政治,経済改革に反対,また秘密警察を濫用したため,66年7月に解任され,共産主義者同盟からも追放された。

ランコビッチ
Ranković, Svetolik

[生]1863.12.7. モシュタニツァ
[没]1899.3.18. ベオグラード
セルビアの小説家。短編集『人生の絵図』 Slike iz života (1904) ,長編小説『森の王』 Gorski car (1897) ,『ついえた理想』 Porušeni ideali (1900) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ランコビッチ

ユーゴスラビアの政治家。労働運動や非合法共産党活動に従事し1929年―1935年逮捕。第2次大戦中,対独抵抗運動を指導し独軍に捕らえられた。戦後は内相,副首相,ユーゴ共産党書記としてチトーに協力,国内治安確保に活躍,1963年―1966年副大統領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランコビッチ
らんこびっち
Aleksandar Rankovi
(1909―1983)

ユーゴスラビアの政治家。セルビア南部出身。労働運動を経て1928年に共産党に加入、1937年にセルビアの党書記に任命され、パルチザン戦争指導部にも参加した。1946年内相、1953年副首相、1963年副大統領となり、1960年から党書記をも兼任し、チトーの後継者とみられたが、1966年に保安機関を使って自主管理制度を妨害していたとして、その地位と党から追放された。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ランコビッチの関連キーワードミランコビッチ・サイクルミランコビッチサイクルミランコビッチの仮説ミランコビッチ理論コソボ紛争堆積岩第四紀間氷期氷期

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android