コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランデスヘルシャフト ランデスヘルシャフト Landesherrschaft

2件 の用語解説(ランデスヘルシャフトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランデスヘルシャフト
ランデスヘルシャフト
Landesherrschaft

中世末期以降,神聖ローマ帝国内で各地の領邦 (ラント) が形成した地方規模の国家制度,国家主権のこと。ドイツの約 300のラントのなかにはプロシアオーストリアのような完全な国家にまで発展したものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ランデスヘルシャフト【Landesherrschaft】

ドイツ国制史の用語。中世ドイツの国制的発展は,イングランドフランスのように,封建王政のもとでの統一国家形成の方向に進まず,皇帝を頂点とする帝国(ライヒ神聖ローマ帝国)の枠組みのなかで,諸侯のきわめて独立性の強い支配領域=領邦(ラント)が多数形成され(領邦国家),ライヒとラントの国制的二重構造がつくりだされるという方向をたどった。こうした諸侯の領域的支配権力がランデスヘルシャフト(領邦支配権ないし領邦君主権)であり,それはみずからの上位に皇帝権力を認めつつも,領邦内部の統治にあたっては,それによって掣肘(せいちゆう)されることがほとんどなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランデスヘルシャフトの関連キーワード西ドイツ東ドイツドイツ鯉NPD統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツの小さな町ラインの黄金石井紫郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone