コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・トゥール ラ・トゥール La Tour, Georges de

4件 の用語解説(ラ・トゥールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・トゥール
ラ・トゥール
La Tour, Georges de

[生]1593.3.19. ビック
[没]1652.1.30. リュネビル
フランスの画家。その生涯についてはあまり知られていないが,同時代のロレーヌ地方の画家とは交遊があったと考えられる。ろうそくの光による夜の作品を得意とし,古典的な静けさのなかにも,形の単純化や色彩などから現代絵画に近い明確さや個性がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラ・トゥール
ラ・トゥール
La Tour, Maurice-Quentin de

[生]1704.9.5. サンカンタン
[没]1788.2.17. サンカンタン
ランスの画家。パステル画の創始者で,主としてパステルによる肖像画を描いた。パリでフランドルの画家 J.スポエドに師事。ランス,カンブレーイギリス各地を旅行し,1727年頃パリに定住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラ・トゥール

フランスの画家。ロレーヌ地方のビク・シュル・セイユに生まれ,一時イタリアに滞在したほかはもっぱら同地で活動。明快な形態把握とカラバッジョ風の鋭い明暗対比とにより,独特の情感と静けさをたたえた夜の光景を好んで描いたが,現在確実に真筆と認められているものは少ない。

ラ・トゥール

フランスの画家。エーヌ県サン・カンタン生れ。もっぱらパステルによる肖像画を制作,繊細な心理描写で名声を博し,1746年アカデミー会員,1750年,王室画家となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ラ・トゥールの関連キーワードびっくらルービックビッククイックドライビックラピドびっくりかびっくりばこドンビッグコミックユービックヨービックみんな びっくり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・トゥールの関連情報