コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・トゥール ラ・トゥールLa Tour, Georges de

4件 の用語解説(ラ・トゥールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・トゥール
ラ・トゥール
La Tour, Georges de

[生]1593.3.19. ビック
[没]1652.1.30. リュネビル
フランスの画家。その生涯についてはあまり知られていないが,同時代のロレーヌ地方の画家とは交遊があったと考えられる。ろうそくの光による夜の作品を得意とし,古典的な静けさのなかにも,形の単純化や色彩などから現代絵画に近い明確さや個性がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラ・トゥール
ラ・トゥール
La Tour, Maurice-Quentin de

[生]1704.9.5. サンカンタン
[没]1788.2.17. サンカンタン
ランスの画家。パステル画の創始者で,主としてパステルによる肖像画を描いた。パリでフランドルの画家 J.スポエドに師事。ランス,カンブレーイギリス各地を旅行し,1727年頃パリに定住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・トゥール

フランスの画家。ロレーヌ地方のビク・シュル・セイユに生まれ,一時イタリアに滞在したほかはもっぱら同地で活動。明快な形態把握とカラバッジョ風の鋭い明暗対比とにより,独特の情感と静けさをたたえた夜の光景を好んで描いたが,現在確実に真筆と認められているものは少ない。

ラ・トゥール

フランスの画家。エーヌ県サン・カンタン生れ。もっぱらパステルによる肖像画を制作,繊細な心理描写で名声を博し,1746年アカデミー会員,1750年,王室画家となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ラ・トゥールの関連キーワード長谷川久蔵シャロン論介小笠原諸島二俣和紙洪浩然伊曽保物語ウォルトン徐渭豊臣秀頼

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・トゥールの関連情報