コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リオタール リオタール Liotard, Jean-Étienne

6件 の用語解説(リオタールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リオタール
リオタール
Liotard, Jean-Étienne

[生]1702.12.22. ジュネーブ
[没]1789.6.12. ジュネーブ
スイスの画家。パリで修業したのち,ヨーロッパ各地およびイスタンブールなどにも滞在。パステルエマイユ (→七宝 ) による王侯,貴族,教皇などの肖像画を制作。トルコ趣味の衣装など異国情緒に富んだ作品を得意とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リオタール
リオタール
Lyotard, Jean-François

[生]1924.8.10. ベルサイユ
[没]1998.4.21. パリ
フランスの哲学者。現象学,マルクスフロイトの研究と批判から出発。政治活動五月革命を経てポスト・モダンの旗手の一人となる。常に中心へと復帰する「否定の行為」に代わって「外へのずれ」を提唱しつつ,『ディスクールフィギュール』 Discours,figure (1971) では芸術と無意識,『リビドー経済学』 Economie libidinale (1974) では欲望としての経済学,享楽としての理論,生の強度としての芸術を論じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リオタール(Jean-François Lyotard)

[1924~1998]フランスの哲学者。ポスト構造主義思想家の一人。急進的なマルクス主義者としてアルジェリアで活動、パリ五月革命にも参加した。主体や進歩主義という近代の理念を「大きな物語」として批判するポストモダンの立場を提唱した。著「漂流の思想」「ポストモダンの条件」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リオタール

フランスの哲学者。パリ大学名誉教授。デリダドゥルーズらとともにポスト構造主義,ポスト・モダニズムの代表的論客で,人間を支配・圧殺する〈大きな物語〉(プラトン主義からマルクス主義に至る形而上学的言説と制度の総体)を批判し,そこからの〈漂流〉を説く。
→関連項目ポスト構造主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

リオタール【Jean-François Lyotard】

1924~1998) フランスの哲学者・美学者。ポスト構造主義者の一人。ポストモダン論の提起者の一人で、大きな正当化の物語を作る近代思想を批判。崇高の美学の復権を唱える。著「漂流の思想」「ポストモダンの条件」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

リオタール
Jean François Lyotard


1924 -
フランスの哲学者。
ポスト構造主義哲学を代表する哲学者で、最初現象学とマルクス主義から出発、「主体」の概念の乗り越えを企図し、1970年以降言語学と精神分析の影響を受け独自の哲学を展開。著書「ポスト・モダンの条件」(’79年)の中で、パーソンズシステム理論を批判、他に「リビドー経済」(’74年)等を著す。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リオタールの関連キーワードベルサイユ条約外伝 ベルサイユのばら アラン編外伝 ベルサイユのばら アンドレ編外伝 ベルサイユのばら ベルナール編ベルサイユのばら2001 オスカルとアンドレ編ベルサイユのばら アンドレとオスカルベルサイユのばら オスカル篇ベルサイユのばら オスカル編ベルサイユのばらIIIベルサイユのばら フェルゼン篇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リオタールの関連情報