リキッドバイオプシー(読み)りきっどばいおぷしー(英語表記)liquid biopsy

知恵蔵miniの解説

リキッドバイオプシー

血液などの体液サンプルを使ってがんなどの診断や治療効果予測を行う技術のこと。内視鏡やを使って腫瘍組織を採取する従来の方法と比べて患者の負担が少なく、腫瘍の遺伝子情報をもとにより適切な治療が行える利点もある。粘膜内に留まっているがリンパ節には転移していない、ステージ0(ゼロ)と呼ばれるごく早期のがんの発見にも有効とみられている。2019年には国立がん研究センターなどの研究チームが、悪性度の高い脳腫瘍を血液1滴から9割の精度で判定できる検査法を開発したと発表。早期治療の進歩に期待が高まる。

(2019-12-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android