コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リキニウス法 リキニウスほう

百科事典マイペディアの解説

リキニウス法【リキニウスほう】

古代ローマの法。前367年,護民官のリキニウスLiciniusとセクスティウスSextiusの提案で制定。三つの法からなり,コンスルの1人を平民から選出すると定め,公有地所有面積を制限して大土地所有制出現を抑制するなどにより,平民の身分と権利の保護をもたらした。
→関連項目パトリキプレブス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のリキニウス法の言及

【コンスル】より

…前153年から1月1日)を年初とした。このコンスル職は初めは多く有力貴族の手に帰し,身分間の闘争の曲折を経て,前367年リキニウス法が平民の就任を確認するが,この法の忠実な履行は前342年以降に属する。一因は選挙手続にあり,選挙の民会で現任コンスルが後任候補を指名し,市民に投票させたためである。…

※「リキニウス法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リキニウス法の関連キーワードローマ史

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android