コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リスペクトール リスペクトールLispector, Clarice

3件 の用語解説(リスペクトールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リスペクトール
Lispector, Clarice

[生]1925.12.10. ソ連,ウクライナ
[没]1977
ブラジルの女流作家。生後2ヵ月のとき両親とブラジルに移住。少女時代から内外の文学書を読みあさる。国立法科大学に入学。 1943年『未開の心のそばに』 Perto do Coração Selvagemでデビューし,グラッサ・アラニャ賞を受賞。 43年から外交官の夫に従ってイタリア,スイス,アメリカ合衆国に滞在して小説を書く。 59年に帰国。代表作,長編『暗闇のりんご』A Maçã no Escuro (1961,C. D.バルボーザ賞) 。ほかに短編集『家族の絆』 Laços de Família (60) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リスペクトール

ブラジルのユダヤ系女性作家。生後まもなく家族とともにウクライナから移住した。《野性の心の間近に》でデビューして以来,独特の直喩,隠喩に満ちた詩的,神秘的で不透明な文体で内省的,実存主義的なコスモポリタンな作品を発表し,地方的,土俗的傾向の強かったブラジル文学に新境地を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

リスペクトール【Clarice Lispector】

1925~1977) ブラジルのユダヤ系女性作家。カフカ的悪夢に満ちた内省的・実存主義的な作品を発表し、ブラジル文学に新境地を開いた。「家族の絆」「 G = H の受難」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

リスペクトールの関連キーワード治安維持法ドイツ映画女工哀史ボルゴグラードレザー・シャー・パフラビーイービ木下利玄モースモッセレツェル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone