リダウト山(読み)リダウトさん(英語表記)Mount Redoubt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リダウト山」の解説

リダウト山
リダウトさん
Mount Redoubt

アメリカ合衆国,アラスカ州南部アンカレジ南西約 170kmに位置する活火山。標高 3108m。安山岩デイサイトを主体とする。1989年12月14日に 12kmの高さまで噴煙を上げる大爆発を起こし,旅客機のエンジンが火山灰を吸い込んだり,アンカレジ空港が閉鎖になるなどの被害が出た。以来,断続的に噴火を行なう。クラーク湖国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「リダウト山」の解説

リダウト‐さん【リダウト山】

Mount Redoubt》米国アラスカ州南部の火山。アンカレジの西約170キロメートル、レーククラーク国立公園内に位置する。標高3108メートル。スパー山とともに活発な噴火活動で知られる。1989年に、上空を通過する航空機のエンジンが停止する事故が起きた。リダウト火山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android