リップバンウィンクル(英語表記)Rip Van Winkle

翻訳|Rip Van Winkle

精選版 日本国語大辞典の解説

(原題Rip Van Winkle) 短編小説。ワシントン=アービング作。一八一九年発表。短編小説・随筆集「スケッチブック」所収。猟に出かけた山中で奇妙なオランダ人の一団に酒をふるまわれて眠りこけたお人よしのリップ=バン=ウィンクルが、目覚めてみると二〇年経って世の中がすっかり変わっていたという話。日本には「西洋浦島」の題で森鴎外が紹介した。アメリカ最初期の短編小説の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リップバンウィンクルの関連情報