コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リップ・バン・ウィンクル Rip Van Winkle

翻訳|Rip Van Winkle

世界大百科事典 第2版の解説

リップ・バン・ウィンクル【Rip Van Winkle】

アメリカの作家W.アービングの《スケッチ・ブック》(1819‐20)に収められた同名の短編の主人公。狩りに出かけたリップはキャッツキル山中で不思議な男たち(イギリス人探検家H.ハドソンとその仲間の幽霊であることがのちにわかる)に出会い,彼らの酒を飲み眠りこむ。目覚めて家に帰ってみれば20年がたっており,アメリカは独立していたという浦島太郎風の人物。アメリカにおいて神話・伝説的人物となり,のちにメルビル,ハート・クレーンなどの詩に歌われ,一方では〈時代遅れの人間〉を指す普通名詞ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリップ・バン・ウィンクルの言及

【アービング】より

…しかし時間的・空間的にはるかなものにロマンティックな憧れを抱き,それを典雅な文体で描き絵画的美を生み出した。また神話・伝説のない国アメリカに,ヨーロッパ種の伝説を移植して,リップ・バン・ウィンクルや《スリーピー・ホローの伝説》のイカボッド・クレーンなど,アメリカ神話の原型というべき人物を創造した功績が評価されている。【島田 太郎】。…

【キャッツキル山地】より

…ニューヨーク市から比較的近いので,夏・冬のレクリエーション地域となっている。キャッツキル森林保護区は,W.アービングの《スケッチ・ブック》で描かれたリップ・バン・ウィンクルの伝説の地を含み,この山地の中で最も風景の美しい地区である。【菅野 峰明】。…

【スケッチ・ブック】より

…1819‐20年分冊出版。山中で出会ったふしぎな男たちの酒を飲んで眠りこみ,目覚めて家に帰ってみれば20年経っていたという浦島太郎風の《リップ・バン・ウィンクル》や《スリーピー・ホローの伝説》などアメリカを舞台にした物語,インディアンに同情を惜しみなく注ぐ《フィリップ王》,ヨーロッパの綺談《幽霊花婿》,イギリスの印象記《ウェストミンスター・アベー》など,短編,スケッチ34編を収録。出版されるや,典雅な文体,上品なユーモア,ペーソスのため一躍有名となり,アメリカ文学の存在をヨーロッパに認めさせた。…

※「リップ・バン・ウィンクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リップ・バン・ウィンクルの関連キーワード橋(クレーンの長編詩)キャッツキル山地スケッチ・ブックジェファーソンアメリカ音楽アメリカ文学ハケット仙境説話

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android